fc2ブログ

記事一覧

介護保険料の通知来た 今年も額は同じ







 年金暮らしになって2年目。
 5月には「介護保険料特別徴収額(仮徴収)変更通知書」が来ましたが、

 これは、年金で「介護保険料」を源泉徴収されている人は、年6回の徴収があります。
 地方税が決まるのは6月。国民健康保険料や介護料が決まるのはその後。

 一方、年金からの徴収は4月から。
 そこで、4月、6月、8月の3回は「仮の額」(前年度に市役所が勝手に決める)で徴収されるのです。

 介護保険料の正式な決定は8月。額が決まったあとは、後の3回(10月、12月、2月)で残りを徴収するわけで。

 この決定した通知「介護保険料特別徴収開始通知書」が8月に配られます。
 これが今年もやってきました。合計82440円。合計は昨年と同じ額でした。

B1005-1介護2020-08-12

私が住んでいる町では、料金は9段階。そのうちの第7段階。
年金暮らしで収入は約260万円、地方税の所得は150万円強となり、200万円未満なので第7段階なのだそうです。

えー、高い方に数えられており、びっくりです。

ただ、健康保険は収入が数万円違うだけで、保険料が違ってくるのに対して、介護保険料は、所得の金額の範囲が大雑把なので、境界線上にいない限りは、数万円の収入の違いでは、ビクともしないようです。

今後、年金額は変わらないので、臨時収入がない限りはずっとこのまま、ということになるようです。

「高齢者の健康保険(介護保険)は、現役世代が支えている」とはよくいわれますが、年金暮らしのジジイもちゃんと支えていますよー。。。。。


にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています