FC2ブログ

記事一覧

相続税 一人っ子の遺産相続 計算してみました







 一人っ子は、両親がともに亡くなった場合、相続人が他にいないので相続税を払うケースが増える。兄弟がいないということは、普通のサラリーマン家庭でも、兄弟の教育費がかからなかった分、金融資産が残るケースも多いと思われます。

私が子に残す遺産と相続税を計算してみましょう。

No.4152 相続税の計算

(純資産価値)=(相続・遺贈により取得した財産の価値)+(みなし相続により取得した財産価値)ー(非課税財産の価値)+(相続時精算税に係る贈与財産価値)ー(債務・葬式費用)

(各人の課税価格)=(純資産価値)+(相続開始3年以内の贈与財産の価値)

課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いて、課税される遺産の総額を計算します。

B 平成27年1月1日以後に相続が開始(被相続人が死亡)した場合

(課税遺産総額)=(課税価格の合計額) - (基礎控除額(3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数))

………我が家の場合は法定相続人は1人。控除額は3,600万円です。

我が家の主な資産
1.自宅(土地建物)...600万円 田舎の一軒家ならこんなもんです。

2.自動車…200万円 新車だとすると平均してこんなもん。
3.家財一式…10万円 ….1〜3合計 810万円

4.銀行口座、証券会社口座等…◯◯◯◯万円
5.死亡時保険 

B110-12017-08-26.png

No.4114 相続税の課税対象になる死亡保険金

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。

 この死亡保険金の受取人が相続人(相続を放棄した人や相続権を失った人は含まれません。)である場合、全ての相続人が受け取った保険金の合計額が次の算式によって計算した非課税限度額を超えるとき、その超える部分が相続税の課税対象になります。

500万円 × 法定相続人の数 = 非課税限度額

相続税は、
正味の遺産額から基礎控除額を差し引いた残りの額を民法に定める相続分によりあん分した額に税率を乗じます。

B110-22017-08-26.png

そこで、我が家の金融資産は◯◯◯◯万円(ここで、公開するわけないでしょ)。
参考までに1000万円から1億円あったとして、それぞれの課税遺産総額を計算してみると、次の表になります。

B110-32017-08-26.png

相続税は、遺産の総額を1000万円、3000万円、5000万円とすると次のようになります。プラス1万円の場合も示します。

課税される遺産の総額は1000万円とすると、
 相続税は(1000万円)x0.1=100万円、

課税される遺産の総額が1001万円とすると
 相続税は(1001万円ー50万円)x0.15=142万円以上 になります。

たった1万円の差が42万円!

課税される遺産の総額は3000万円とすると、
 相続税は(3000万円ー50万円)x0.15=約442万円、

課税される遺産の総額が3001万円とすると
 相続税は(3001万円ー200万円)x0.2=560万円以上 になります。

たった1万円の差が118万円!

課税される遺産の総額は5000万円とすると、
 相続税は(5000万円ー200万円)x0.2=約960万円、

課税される遺産の総額が5001万円とすると
 相続税は(5001万円ー700万円)x0.3=1290万円以上 になります。

たった1万円の差が330万円!

なんてこった。

教訓
 わずかな死亡時保険は、子のためと言いながらかけたとしても、よく考えて残そう。たった1万円の超過で相続税が劇的に増えることもあります。

 課税される遺産は1000万円、3000万円、5000万円、1億円に境があり、税率は階段状になっているので、注意。

 生前贈与は年間110万円の贈与では、残りの人生10年でも1100万円しか移譲できません。
 また、相続開始3年以内の贈与財産は遺産に数えられてしまいます。

 残った金融資産は親が生きているうちに使ってしまうという手もあります。

 一人っ子の相続では、片親が亡くなった時点で、片親名義の預貯金を半分相続しておけば、普通のサラリーマン家庭では相続税の控除額内に収まるでしょう。

そのためには、両親の金融資産は生前からそれぞれの名義に分けておく必要もありましょう。また、死亡保険の受取人も本人名義にしておけば、片親と子の両者が法定相続人になりますので、問題なく移譲できます。

 片親が亡くなった時点で、一人っ子がある程度財産を相続している場合には、残された片親は心置きなく残った金融資産を使ってしまうわけです。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています