FC2ブログ

記事一覧

夏の終わりと今日まで帰省している我が子 私の気楽な隠居生活はあと半年で終わってしまうのだろうか?







B90歯2017-08-04

 昨日まで秋深い10月の気温で寒い1日。今日はうってかわってカラッとした秋空。8月29日から我が子が夏休み中の2回目の帰省をしています。

 我が子は就活の年、Uターンするつもりか、地元の会社に呼ばれて訪問する日程が組まれていました。

親は公共交通手段から離れた陸の孤島に家を構えているので、会社訪問や友人と遊びに行く際にも送り迎えに駆り出され、また子の自動車の運転練習にも駆り出されています。

 それだけではありません。帰省の間の炊事、洗濯、家事、親父一切をやらされています。

何て甘い親なんだ。それくらい、子供にやらせろよ。という声が聞こえてくるような気がします。

帰って来た日は、我が子が帰ってくると聞いて会いたがっていた妻の友人のK夫人と3人で会食をしました。その席で、そんなことを話すと、

妻の友人K夫人は「いいのよー、やってあげればー。」「どうせ、仕事辞めたら暇なんでしょ。送り迎えや、食事作りくらいやってあげたっていいでしょ。」「Uターンして帰って来たらうれしくなっちゃう。また、一緒に遊べるなんて。」

 どうも、我々親父族と母親族では、子に対する態度というか受け止め方が根本的に違うらしい。

 我が子は我が子で、帰って来たときに懸命に自動車の練習をしているのには訳がありました。

実は、本日、東京に帰ったら、すぐに仲間と北海道旅行に行くようです。しかも、ペーパードライバーばかり揃っている仲間で、飛行機とレンタカーで旅をするという無謀な計画。どうか無事で帰って来れますように。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

No title

ご子息様、就活でお忙しいのですね。
お友達と旅行される余裕があるのですから、手応え十分なのでしょう。
ご無事でのご帰還をお祈りします。
わが家は一男一女ですが、娘は電車で1時間の所に住んでいても数ヶ月に
一度くらいしか帰りませんが、転勤族の息子がたまたま東京勤務のため、
度々帰宅してくるので、正直言って、迷惑です。(我ながら冷たいです)
食費はかかるし、洗濯物は増えるし、様々な点で夫と意見が違い、言い合いに
なることもしばしば。
お書きのK夫人の仰る「一緒に遊べるから嬉しい」なんて、全く思いません。
成人した男子は、一家に一人以上いてはならない、、、と思います。

Re: No title


> 成人した男子は、一家に一人以上いてはならない、、、と思います。
ワッハッハ。手厳しいですね。

身バレ防止のため、詳しくは書けませんが?、我が子は男子ではありません。

K夫人も自分の3人の子は女の子を含め皆遠くに住んでいますので、
Uターンして帰ってくる我が子を遊びに誘いたがっています。

私は私で、我が子が同じ家にいると安楽な暮らしから独立できなくなるのでは、と恐れています。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています