FC2ブログ

記事一覧

今年も高校の同期会の開催案内がきました







 私の卒業した高校は東京中央区にあり当時私は東京駅からバスで銀座を通って通学していました。今は廃校になってありません。

卒業生全体が集まる同窓会はときどき開かれているようですが、私は同窓会の不良会員で、まだ、一度も行ったことがありません。ときどき「協力金」を納めているので会誌だけは配達されます。

同窓会は学校がないので銀座のお店で開催され、また同期の人の参加もほとんどないので、行ってもつまらない、とあとで聞きました。

 私は就職を機に北関東に引っ越してしまったので、高校時代の仲間との交流はほとんど何もありませんでした。わずかに数人と年賀状の交換をしていたくらいです。

それが、自分の仕事が一区切りついた定年退職以降、時間的余裕もできて、高校の仲間にも会いたいなと思うようになってきました。しかし、手元にある同窓会の古い名簿をみても半分は不明、音信不通の状態、でした。

 どうやって音信不通の当時の遊び仲間を探すかなと思い、まずは、名前を頼りにPCでインターネット検索をやってみました。出てくるはずはないですよね。。。

ところが、最も珍しい苗字の者を入れてみるとヒットしたではありませんか。最近は個人情報の保護が厳しくなって検索は難しくなっていたはずですが、10年以上前のNTTのデータベースの名残が今でもWEB上でみれるようです。

住所と電話番号が出てきました。試しに電話してみると、本人でした。彼と私は同じクラスになったことはありませんが、クラブが同じで遊び仲間の一人でした。

彼は自分の卒業時のクラスの幹事をやっており、いまでもクラス会を開催しているとのことでした。そこで、次回開催時に参加させてもらうことをお願いしました。

 もうひとつ、私は携帯電話を2012年頃スマホに変え、SNSの機能の1つLINEを家族間で使い始めました。FACEBOOKもありましたがこちらは周囲の者が誰も使っていなかったので、登録はしたものの、そのまま放置状態になっていました。

ところが2014年になって、見覚えのある名前の人がFACEBOOKのメッセンジャー機能を使って私を呼んできたではありませんか。高校時代の遊び仲間で、卒業後、米国に渡り音信不通になったはずの者でした。

おや?連絡をしてみると、当人でした。これもおどろき。私の苗字や名前はごく月並みのものですが、漢字で書くとその組み合わせは珍しいのかもしれません。

PCでネット検索しても、私が仕事で書いた書き物がヒットするくらいなので、人物特定には向いているのかも。40年ぶりくらいに連絡がとれました。

彼はブラジルと米国をまたいだ暮らしを何年もしていたようですが、日本に戻ってきていたのですね。いずれもネット様様でした。

 ただ、インターネットといえども、わが国では女性の名前の検索はまず不可能。女性は結婚すると姓が変わってしまうからです。

オランダの女性のように名前+旧姓+旦那の姓という構造なら検索ができると思いますが、全く新しい姓だと、記録の断絶が起きてしまいます。

さらに固定電話などは最近はデータは公開されてないと思いますが、昔のデータが公開されていたとしても、普通は契約者名(旦那の姓名)と住所のデータしかないので、女性の電話データはまず無いことになります。

この春あった中学の同窓会でも、米国滞在中に同じマンションの駐在員の奥さんが同窓生だったとか聞きましたので、とにかく、女性は目の前に現れるまで誰だかわからない、ひょっとしたらクラスメートかもしれない、という可能性はいつもあるのだと思います。

 いずれにしてもネットで検索した一人の幹事と、SNSから呼ばれた一人の旧友、との連絡を契機に、昔の同窓会名簿に載っていた数人とも連絡をとって、他のクラス会にお邪魔する形で、40数年ぶりの同期会が実現できました。

これも銀座で開催され、我がクラスは10名程度の参加者となり、とても楽しい1日を過ごすことができました。それが2年前の秋のことでした。

 今年もその案内状がやってきました。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています