fc2ブログ

記事一覧

朝ドラは見ない(ことにしている)







 NHK朝ドラは、国民的番組?
 でも、放送は朝の8時から。

 私は、無職になってから8時過ぎまで寝ていられる身分になりました。

 7時半頃には出かける我が子の見送りもパスにしました。
 ゴミ出しのある月曜か木曜は8時前に起きないとなりませんが。

我が子も、出勤前に何故か、テレビで時刻を見ています。テレビの前には大きな柱時計があるのにです。

私が遅く起きると、居間にはエアコンがついていて、テレビも鳴ったまま。玄関のドアも鍵が開いたまま。我が子はいない。とうに出勤しています。

テレビはNHKがかかっています。昔、私がNHKをつけていたので、きっと我が子も画面が見やすいのでしょう。

これが我が家の毎日の日常。
さて、私もここ数日は7時台に起きてしまい、テレビを見ています。

ですが、朝ドラの時間になると、チャンネルを変えます。見入ってしまわないように。。。。
そう、朝ドラには、好き嫌いがあるのです。

私が通勤していたころ、といっても朝ドラ見れるようになったのは、定年後嘱託2年目にして非常勤になった年。平成27年。

それでも週に4日は勤務していましたので、はじめは休みの日とか、土曜とかだったんでしょうね。見たのは。

よく見ていたのは「あさが来た」。平成27年後期だそうです。(2015年10月から翌3月まで)

B1358-1朝2021-08-05
朝ドラ100


普段の日は。8時出発で見られない。。車に乗ると、音だけは聞こえますが。。。たぶん、車も10月末には新車になり、カーナビにテレビまで付いていました。でも、走り出すと見えない。音だけは聞こえる。。

ところが、職場の女の子に教えてもらいました。衛星放送ならば7時45分からやってるよ、と。なあんだ、そうだったのか。。。

ということで、結構、「はるが来た」は面白く見ていました。

物語の波長が、私の好みと合っていたんですね。いまでも不思議なのは、ヒロインのハルさん。
ハルに合わせたのか、芸名も波瑠さん。(あとで困らないかしらと思ったものです)

男優の玉木 宏も普段は嫌いですが、ボケ役になりますと、途端に面白くなって好きでした。

それが終わってしまいますと、やはり、好みが合わないので、朝ドラは見入らないように、チャンネルを変えるとかしました。

私は、朝から何でもかんでも受け入れられるタイプではないので、シリアスなものとかはダメなんです。今やっている「モネ」は、テレビがかかっているとたまに見てしまうこともありますが。。。。

大嫌いな朝ドラの一番といえば、あの有名な「おしん」でした。
世界100カ国以上で放映され、パキスタンだったかは、停電で放送できないときがあり暴動が起きたとか、いろいろ語られています。

それほどの人気番組、しかし、シリアスすぎて、朝から自分自身が怒られているようで、大嫌いでした。私が見ていたのではなく、実家で、多分、朝食の時に見させられていた、いやでも耳に入ってきた、目に入って来た。。。。のでしょう。

おしん 昭和58年。。。
あれれ??

私、就職して、ひとり「独身」寮にいました。自分でテレビつけて、見ていたんでしょうか???出勤は9時でしたから。。なんてことだ。すでに私の記憶が違っている。。。いまさらながらですが。

実家にいる頃、よく見たのは、まー姉ちゃん 昭和54年前期、でした。ははは。これは、原作本を買って読みました。漫画ですから、面白かった。。実写版は、それほど真剣には見ていませんでしたが。

こんな感じで、どうも、朝ドラは、波長が合わないと、日課にするには荷が重すぎるので、ときたま、電源をプチっと切ります。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています