FC2ブログ

記事一覧

セミリタイヤ「年金生活見習生」






本日は子供の日、32年前の子供の日に撮ったチューリップの写真を眺めながら、セミリタイヤを語ります。

B13チューリップ12017-05-05

私の「セミリタイヤ」は、定年退職後から65歳になって完全な年金生活を始めるまでの期間、再雇用で働きながら年金も受給する中途半端な「年金生活見習生」のことをいいます。

 (1)年金の受給年齢の変遷と見習い期間

 調べてみると、昔は2001年までは定年退職=リタイヤの時代だったのですが、年金の報酬比例部分と国民年金部分のうち、国民年金部分だけは2001年(昭和16年(1941年)生まれ)からは61歳に、そして2009年(昭和24年(1949年)生まれ)からは65歳に引き上げられました。

 さらに最近、年金の報酬比例部分も2014年(昭和28年(1953年)生まれ)からは61歳に引き上げられました。そしてから2022年(昭和36年(1961年)生まれ)からは65歳に引き上げられる予定です。

 定年は会社によって何歳かは違いますがおおよそ60歳が多く、65歳まで食いつなぐ道を確保するため国は企業に対して「再雇用」の保証をせまった法律をつくりました。そんなわけで、年金改革により見習い期間ができました。

 (2)私のとりあえずの選択
 私の60歳から65歳まで(繋ぎの生活)はどうでしょうか?
 私は、繋ぎの生活をどう過ごすか、収入は確保できるのか?の疑問に対して、情報不足で判断できずませんでした。

 私の会社は定年退職後もフルタイム、またはパートタイムの嘱託制度があり、考える暇なく、とりあえずフルタイムで仕事を継続しました。
 1年フルタイムで働き、そして、2年目以降パートタイムに切り替えました。

 (3)私の会社の嘱託制度と給与
・65歳まで現在の職場で働くことができます。フルタイム、パートタイムの選択肢あり。

・フルタイムは現役と同じ勤務日、勤務時間、給料は半減、年金・健康保険継続加入。雇用保険加入。
 厚生年金基金の3階部分は定年と同時に支給開始、2階部分(厚生年金代行部分)は「働きながら
 受給」に該当し所得が低ければ一部支給される。

・パートタイムは最初の1年から3年目の9月までは月14日勤務(正社員の勤務日数の1/2以上)、
 給料はフルタイムよりやや低い、年金は脱退し受給開始。健康保険なし(任意継続は2年加入可)雇用保険加入。

・3年目の10月以降5年目までは法改正により、月10日以下(正社員の勤務日数の1/2以下)。(1/2以上だと年金に再加入しなければならなくなった)。給料はさらに低い。雇用保険なし。

 (4)働きながら受給する厚生年金
 前にも書きましたが、61歳から支給されるのは2つです。

1)年金基金の加算部分(3階部分)
 定年退職後、厚生年金基金の加算部分(3階部分)が支給される。これは、定年退職すると以後、働こうが、無職になろうが、無条件で支給される。額はたいしたことはない。

2)厚生年金(2階部分=報酬比例部分)
 昭和28年生まれだと61歳に受給資格が得られるが、引き続き働く場合、フルタイムでは厚生年金は加入継続なので「働きながら受給」となり、給与が高いと減額され、一定以上の給与で支給停止になる。私の場合は完全停止となります。
 2年目、パートタイムになり、厚生年金は脱退、働いていても完全支給されます。

3)年金加入継続による増額
 定年後も働きながら年金に加入し続けると、(65歳の誕生月までだが)、年金は増額します。

・1階部分:厚生年金基礎部分(国民年金);加入期間40年に満たない人は1年間の継続加入で1/40(年額7000円)だけ増額になる。
・2階部分:試計算だが、年額24000円の増額。

年間31000円の増額なので、加入期間40年でない場合には5年フルタイムで働けば合計15万円の増額が。

どこまでも長生きできる自信のある方は、60歳から65歳までの期間もフルタイムで働いて、増額を勝ち取り、65歳から男性の寿命80歳までの15年間に225万円が余分に受け取れます。

しかし、仕事が生きがいでない人は、男性の健康寿命が70歳だというのに、65歳までをフルタイムで仕事に費やし、体が自由になる期間はわずか5年間しか残らないという状況には耐えられないでしょう。たかだか225万円と引き換えに「たましい」を売り渡すようなものです。

そんなわけで、私は1年でパートタイムに切り替え、脱退を選びました。

B13チューリップ22017-05-05


(5)働きながら受ける高年齢雇用給付金
 退職後の再雇用の給与が退職前より低いとハローワークから高年齢雇用給付金が支給されます。

・60歳到達時の給与月額に対して再雇用の新給与が75%未満になった場合は、給与の15%を上限に給付金が支給される。ただし、給与が33.9万円以上は支給停止。フルタイム、パートタイムどちらも。

しかし、パートタイムの場合、高年齢雇用給付金は、平成28年度(2016年度)の10月からの厚生年金制度の改正と同時にもらえなくなりました。この改正は、もともと、現役世代のより低い賃金の人も厚生年金に加入できるようになる制度です。

しかし、老人のパートタイムにも影響が出ました。厚生年金を脱退して年金を受給しながら働くパートタイムの老人は、もう一度、厚生年金に加入させられる!厚生年金に再加入しないためには、パートタイムの給与を下げる、時給が同じなら勤務時間の短縮をはかる必要がありました。

我が職場は、パートタイムの勤務日数を月14日(正社員の1/2強)から、月10日以下(週2日程度)に引き下げたのです。ところが、高年齢雇用給付金は、正社員の1/2以上の出勤が条件となっているので、めでたく、高年齢雇用給付金の受給停止となりました。

(6)健康保険(介護保険込み)
・再雇用後のフルタイムは会社の健康保険に継続して加入(一般に市町村の国民健康保険よりも安い)

・再雇用後のパートタイムは会社の健康保険から離脱。ただし2年間任意継続できる(一旦選択すると変えられない)が、それ以降は市町村の国民健康保険に。

B13健保22017-05-05


両者を比較しましたが、私の場合ほぼ同じで、若干会社の健康保険の方が安かったのです。

・我が家の事情は、H30年は子が扶養家族から抜けるので単身世帯になり少し安くなります。H31年になると65歳となり介護保険料がアップし高くなります。H32年は前年度の完全リタイヤ(給与所得なくなる)が1年遅れで反映され保険料が安くなります。

以上の条件で、セミリタイヤ時の年収を計算してみました。次回。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています