fc2ブログ

記事一覧

ユーミンのコンサートツアー宇宙図書館へ行く






本日は、ちょっと一息の記事。

先日の4月25日(火)は東京に向かいました。ユーミンのコンサートツアー宇宙図書館に行くためです。

B14コンサート22017-05-05


私は1970年代の終わり頃からユーミンの長年のファンでありレコードやCDをいつも聞いていました。コンサートには一度も行ったことはなく、大学生だったころ、学園祭にユーミンのコンサートが開催されたこともありましたが、帰宅部に所属していた私はチャンスを逃しました。

いつしか時は過ぎてセミリタイヤの歳になりました。最近では、TVにつなげた5.1chサラウンドシステムでこれまでのコンサートツアーのDVDやブルーレイを楽しんでいたのですが、いつかは一度行ってみたいなとは思っていました。

そんなある日、姉からチケットの取り方を教わり、一度、チケットぴあのサイトで購入を試みましたが一般販売は競争が激しく取れませんでした。

あきらめていたところ、昨年12月に今回のツアーの第2弾チケット販売が案内され、「チケットぴあのクレジットカード」を作り会員登録すれば、「先行予約」の抽選にエントリーできることをはじめて知りました。

 そこで、クレジットカードを作る手続きをして複数のエントリーしたところ当選、チケットを手にいれることができました。

B14ユーミン切符2017-05-05

 チケットは代金を12月に支払い、4月にセブンイレブンで発券ということで首を長くして待ちました。4月になり発券されましたが、全席指定とはいうものの「当日引換券」、自分の席は当日までわからないという、なんとも意味不明でいささかがっかりでした。

 さて、当日、会場は東京有楽町駅前の「東京国際フォーラム」。入るのは初めて。お上りさんそのもの。

開場6時。5分前に行くと行列を作っていました。数10分の待ち行列を進んでようやく開場に入る。そこで、指定席が発券されました。

「1階8列」とは、なんとど真ん中のほとんど前の方、とても良い席でした。なにせ、後ろを振り向くと、ずーと彼方まで席が続いていたのですから。

B14コンサート12017-05-05

 開演は7時。暗くなり、光の演出がはじまりました。舞台には半透明のスクリーンが下され、中は図書館の中のバンドのうっすらと姿、外からの文字やアニメの映写で、不思議な舞台が演出ができるようになっていました。

何かYOU TUBEの画面いっぱいに文字が溢れるアニメを連想しました。撮影は禁止なので、中の写真はありません。

B14ユーミン宇宙図書館2017-05-05

 ユーミンのバックバンドは前々回あたりから若返りを果たし、昔からいるメンバーはキーボードのタケベサトシ、そしてコーラスの3人組だけとなりました。

毎回、びっくりです。パーカッションのお姉さんがいないのはちょっと残念。詳しいメンバーやコンサートの内容はこちら

さすが良い席に座っただけあって、ユーミンがとても間近に見えました。音響も相当で、ある幕間の演奏では「難聴」になるかと思ったほどの音圧レベルでした。(ユーミンはヘッドフォン兼耳栓をしていることを思い出しました)

 ユーミンも私たちと同じ年齢。つまり、このコンサート、客層はある意味「永遠の少年少女」、しかしてその実態は?「ニュー老人会」の人々。

ユーミンは「生涯現役」を走る騎手であり、聴衆はひとときの快楽に邁進する「セミリタイヤ」や「リタイヤ」であったにちがいありません。

 私はコンサート参加ははじめてですが、最近のツアーのDVDやブルーレイでは、途中で観客総立ちになり「手拍子」や「合唱」「踊り」で浮かれるシーンがありました。

実際、幾つかの曲になると、前列の客が立ち始め前が見えなくなると結局私たちも立ち上がり、「手拍子」や「踊り」に興じる羽目に陥りました。

そこで思い出したのは、昔、まだ私が高校生だったとき、学校帰りによく行った東京厚生年金会館大ホールで、毎週のように開かれていたサックスの「渡辺貞夫」やクラリネットの「北村英治」のコンサート。

そこで、前列で立ち上がって「手拍子」や「踊り」をしていたのを思い出しました。人間、幾つになっても変わらないものです。
 
終わってみれば、実に満足でした。もちろん、かつてのつややかな歌声が聴けるわけでもないけれど、私たちと同じ世代の人が、こうして舞台に立ち人々に元気を与え続けてくれることには、大いに感謝です。

まだまだ続く宇宙図書館コンサートツアー。ユーミンには「生涯現役」でがんばって欲しいけれど、我々だって、仕事はセミリタイヤやリタイヤしたものの、遊びなら「生涯現役」でがんばるよー。

また、ブルーレイでも発売されたら見ることにしよう。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています