FC2ブログ

記事一覧

スペインの旅 (4)来たぞ「セビリア」と、会ったぞコルドバの乞食







8。セビリア

11月12日(日)、観光4日目。

セビリアといえば、セビリアの理髪師やセビリアの皇太子暗殺事件などが有名、これしか知りませんでしたが。

どうも我々日本人は「セビリア」と呼ぶが、第1時大戦のきっかけとなったオーストリア皇太子の暗殺はいまのボスニアヘルツゴビアの「セルビア」でありました。

セビリア、セルビア、似て否なるものでした。いま気づきました。お粗末、あははは。

旅行社の旅程には「セビリア」と書かれていますが、いまの観光ガイドには「セビーリャ」と書いてあります。7時朝食、9時出発でセビリア市内観光。

セビリア観光は、アメリカ大陸とのコロンブス、マゼランやコルテスの痕跡を辿るのかと思いきや、まずは近代のスペイン広場。

B183-1セビ2017-11-23

B183-2セビ2017-11-23

当時のスペインの女王が、万博(1929年、昭和4年のイベロアメリア博覧会)のために敷地を提供して建てたとか。
昭和の広場をわざわざ見に行ったことになります。まあ、いいかー。

ついで見たのが黄金の塔。13世紀に両川岸に建てられた塔で船が遡上するときの検問所だったらしい。

B183-3セビ2017-11-23

そして、12世紀のイスラム時代にモスクとして建てられ、キリスト時代になってから15世紀以降に改築されたカテドラルとヒラルダの塔、アルカサルというものの周りをうろうろと歩きました。

B183-4セビ2017-11-23

B183-5セビ2017-11-23

記憶が定かでないけれどここの観光は内部には入らなかったと思います。

ただ、カテドラルといいながら、イスラムのモスクをもとに作り直したものであることだけは理解しました。なんだかどこがアルカサルなのか分からぬままアルカサレタというのが実情です。

王宮の外側に孔雀が住んでいました。

B183-6セビ2017-11-23


9。コルドバ メスキータ見物

イスラムのモスクとして8世紀に建てられたメスキータ。

B183-7コル2017-11-23

B183-8コル2017-11-23

裏側の外観はただの倉庫に見える。中は柱だらけの広間であるが、詳しい説明を聞きました。

B183-9コル2017-11-23

いまはすっかりと忘れています。ただ、8世紀から10世紀にかけ拡張していった様子は理解できました。のちにキリスト教の礼拝堂になってしまっていますが。 

興味深い話として、ポルトガルの地震(リスボン地震、1531年と1755年に発生)でヒビが入ったところもあるとか。ふーん、イタリアでも地震があったが、スペインでもあったのかーと感心しました。

メスキータは日曜もあって子供連れの家族観光の人も多くごったがえしていました。

出口付近の土産屋さんで買い物トイレタイム。私は外でたばこを吸っていました。店の横は、アイスクリーム屋さんですが、その前に赤ちゃんを抱いた綺麗な女の人が道端に座っていました。赤ちゃんも綺麗な格好をしています。

ただ、お姉さん、黒い靴下は履いているけれど、靴は履いていません。「へい、だんな、おかねちょーだい」と声をかけられました。こちらの乞食業の人か、もしくは日曜日パートタイム乞食の人でしょう。

人通りがなくなったとき、店の女の子3人が顔を出し、赤ちゃんに「かわいいねー」と声をかけていました。それには私も驚きました。普通ならお店の前に居座られては困ると思うのですが、こちらはこちらでちゃんと存在が認められているのですね。

バスの中でも添乗員からスペインの若者の失業率がいかに高いかいやというほど聞かされてきました。「へーい、だんなー」という声に催促されて「しばしまて」といいながら1ユーロコインをあげました。

 集合時間が過ぎて全員が集まると徒歩でそこを離れましたが、我が添乗員のTさん皆を引き連れながら、すれ違いざまにさりげなくユーロ紙幣を握らせていたのにはさらに驚きました。

さて、メスキータを後にして、コルドバの市内、花の小道を散歩。

B183-10コル2017-11-23

細い路地なのだが、夏は日中40℃以上になるので建物は近接させ日陰を作る、中庭を設ける、などがイスラム風らしい。そんなことをガイドさんから聞きながら歩きました。

この日はマドリッドに移動し泊まりました。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています