FC2ブログ

記事一覧

セミリタイアと自動車保険の見直し







 私の自動車の保険が11月に契約更新時期を迎え、見直しました。
 セミリタイア中(月7日勤務)ですので、複雑な条件があります。

(1)用途
 まず、私は自動車がないと生活できない圏に在住しているので、自動車は必需品。フルタイム勤務のときは、通勤は月22日前後。これは使用用途は「通勤・通学」です。

これが、仕事でも月半分以下の使用ですと「日常レジャー」になると保険料も若干安くなります。

 再雇用2年目は非常勤(パートタイム)となりましたが、勤務日数は16日で正社員の半分以上は出勤していましたので、雇用保険も加入し労基署からの高齢者雇用給付金も受けられました。この状態は「通勤・通学」です。

 ところが、再雇用3年目の10月(H27.10月)からは年金の法律が改正され、週20時間以上働くと年金に再加入せねばならず、非常勤(パートタイム)は勤務日数が10日以下(正社員の半分以下)となり、

雇用保険は脱退、高齢者雇用給付金は停止、そして自動車保険も「通勤・通学」から「日常レジャー」に変更することができるようになりました。

(自分で契約変更しないといけません。)これに気づき手続きしました。年間でわずかですが2200円の減額となりました。

(2)走行距離

 これまで加入していた保険会社は一般の保険会社なので、保険料は走行距離には関係しませんが、廉価なインターネットの保険は走行距離が保険料に影響します。

 さて、再雇用4年目の4月からは勤務日数が10日から7日に減りました。私の通勤走行距離は往復で60km程度です。月10日ですと、月合計600km、年間7200kmになりますが、月7日ですと月合計420km、年間5000km程度となります。

 これに普段の買い物やら月1回から2回程度の高速道路を利用した実家までのドライブ、それに年に2ヶ月に1回程度の国内外旅行での空港までのドライブを考慮すると、やはり年間1万km程度の距離は欲しいですね。

B187表自動車保険2017-11-29

(3)見直し結果
 これまで契約していた保険会社は東京海上日動火災保険でしたが、11月の契約更新には、新保険料として47150円を提示してきました。昨年は42490円でしたので、約4500円の値上げです。

 そこで、ネットで以前、別の車で契約したことのあるソニー損保、それからTVコマーシャルをやっているチューリッヒ保険で条件はほぼ同じに設定して見積もり試算してみました。

 結果、各社とも少しづつ違う点はあるのですが、今回はチューリッヒ保険を選んでみました。
 結果は32000円弱ですから、15000円ほど節約できたことになります。
 
(4)その他 欲が出る車両保険

 ネット保険は安いので、ついつい、欲が出そうになります。車両保険も「車対車」ではなく「一般」ですと東京海上は75000円程度になりますが、チューリッヒですと5万円程度になります。

 さらに仕事をやめて年間5000km以下になりますと、保険料は車両保険「車対車」で30000円程度(2000円程度の減額)になりますが、車両保険「一般」では40000円弱(10000円程度の減額)となります。

 ちょっと、欲が出てきてしまいます。
 しかし、よく考えると、これまで事故にあい車両保険を使ったことはありません。

最近でも縁石に車両側面底をすってモールを破損させ、2万円払って修理しましたが、これは「一般」の車両保険があっても免責の範疇、1回目免責なしの契約すれば保険料はもっと上がります。

私はまだ耄碌していないのでこんな事故修理はめったにありません。とすれば、やはり「一般」の車両保険はわたしにとっては入っても無駄と結論されます。

「車対車」に入っているのは私にとってはあくまでも「保険」。いまのうちはこのくらいは支払っておこうと考えております。
 
(5)その他 欲が出る運転者限定なし
 我が子は21歳。同居していない家族は「家族限定」にしておけば21歳の子でも30歳以上の保険が適用されます。このため、子供が免許取得後、自動車の練習のときに私の車を「本人・夫婦限定」から「家族限定」に切り替えました。

 その後、我が子用には別の車を用意することとしましたので、私の車はお役御免となり、保険も再び「本人・夫婦限定」に戻しました。

同居家族を保険適用とすると今度は私の車は「21歳以上」に下げねばならず保険料は10万円程度になってしまいます。

 今回のネット見積もりでは、同じ年齢制限の下(チューリッヒは最高が30歳以下)で、「本人・夫婦限定」、「家族限定」、運転者を限定しない、を色々試算してみると保険料はあまり変わらないことがわかりました。

ですが、もっと年老いたら、考えることにして、当分はやはり自分の車は他人に運転をまかせるのはやめておこうと思います。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています