fc2ブログ

記事一覧

行ってきました北海道旅行2(登別・函館定・山渓)その2







 3泊4日の2日目。本日は、登別を出発して一路函館へ。

 朝食が7時からなのに、出発が7時45分とは早かった。。。。温泉宿でこんなことってあり?おちおち、ご飯を食べてからトイレでまったりと、などという暇はないらしい。

 前回の北海道旅行は「ゆっくり」だったけど、こりゃあ、まいったねえ。それなのに、夜は函館山から夜景までみてからホテル入りだそうだ。どんな罰ゲームなんだ。。。とぼやきながら。。出発。

登別は室蘭よりも東にあったのですね。そこから海沿いにぐるっと回って函館に行くのでした。

B1890-1函館2023-03-24

途中、トイレ休憩があったくらいで11時前には函館の「五稜郭」に到着。

ここは堀しか残っていないのだろうな、と思っていましたら、代官屋敷跡(函館奉行所)が復元されていました。まあ、城といっても土塁ですから。。

それに攻めても守りが固い最近式の城、と言ったって、負け戦なのは有名ですし、とマイナーなことばかりを考えて、いざタワーに登って見ますと、あら不思議、実に眺めの良いこと。すっかり感心してしまいました。

B1890-2函館2023-03-24

B1890-3函館2023-03-24

おまけに、添乗員さんと一緒にいたからかしら、同行のお一人参加の女性から、ソフトクリームを頂いてしまいました。(美味しかったです)

次に下に降りて、五稜郭の中まで散歩。函館奉行所まで往復しました。上から見ればなんでもないけど、歩けばやっぱり距離はある。。。今日は一日中、歩きだな。

ここを見物し終わって、今度は港に。函館朝市の場所。なんと、JRの函館駅の近くでした。

B1890-4函館2023-03-24

そういえば、1987,8年頃来た時には(35年になりますか)、このへんでホテルに泊まり、朝市を見たあと、船に乗ったのでした。港に青函連絡船はありました。。。。懐かしいなあ。

で、私たちは、海鮮店で昼食を食べたのち、解散、自由行動。私はとくに海産物を買うわけでもなし、ブラブラと函館駅に行って見ました。うーん、こんなものか。。しかたない、集合時間まで歩くか。楽できないなあ。。

さて、ここが終わると今度はバスでちょっと北側にもどり、山合いにあるトラピスチーヌ修道院だそうです。なんと、「トラピスト」と信じていたら、これは男性用修道院だそうで、

行くところは女性用、それが「トラピスチーヌ」なんだとか。バスガイドさんが、うんちくをのたまります。

B1890-5函館2023-03-24

建物の外観と庭を見て、銅像などの説明を聞いて、最後に売店でここで製造されたチョコレートを1つ買って、帰ってきました。(バターはなかった)。。静かなところでした。いまでも修行?しているようです。えらいなあ。。

B1890-6函館2023-03-24

そして、次なるスケジュール。函館の洋館が並んだ地区の散歩だそうで。これ、夜景を見るための時間つぶし、ホテルの出発、もっとゆっくりでいいのに。。。誰がこんコースを企画したんでしょうね。。

おかげさまで、バスガイドさんの案内で、いろいろと、見て来ました。ロシア正教の教会とか、旧函館区公会堂とか。神戸の異人館巡りのようだと誰かが言ってました。。。外人さんは高いとこが好き。。。

さて、3時半頃になると、いよいよ夜景見物の準備。ケーブルカーで山に登ります。添乗員さん、いわく「上に喫茶店があるので窓際の席をとって休んでいるといいですよ」。。みなさん、その通りに行動しました。

B1890-7函館2023-03-24

B1890-8函館2023-03-24

上からの眺め、いいですね。函館湾の端っこに青函連絡船が見えます。あそこが函館駅。。
それから2時間、ようやく暗くなりました。喫茶室は3階。

展望台は、人ごみでいっぱいになっていましたが、喫茶室は余裕。暗くなった頃は、満席で出入り制限されてました。中国人(台湾人)、韓国人、など外人勢でひしめきあっていました。アンコールワットの日没見物を思い出しました。。。

B1890-9函館2023-03-24

5時半頃。

B1890-10函館2023-03-24

6時半頃。

綺麗でした。。
おかげさまで、ホテル入りは7時過ぎ。ご飯も遅くなりました。ホテルは函館市内、トラピスチーヌに近い湯の川温泉でした。

ああ、1日が長かった。本日は1万2千歩。足が棒になりました。食事はバイキングでしたが、飲み放題。そして毛ガニが1ぴき付いています。これは後回しにしないと食べ物が食べられん。。。

ビールは美味しかった。
温泉も、疲れを癒しました、ぐっすりと、ぐーぐー。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています