fc2ブログ

記事一覧

四国旅行2 土佐







 四国旅行2日目。今日も曇りか雨模様。梅雨ですから。
 朝食は6時45分から。出発は7時40分。せわしないですね。

 金毘羅さんの麓、香川県の琴平町。ここのホテル(旅館と言った方が良いか)では、携帯の目覚ましを6時にセット。念のため電話機でもモーニングコールをセットしておきました。

ちゃんと起きました。朝食会場に行くと、昨晩と同様、座席指定。おひとりさまは、他のご婦人のおひとりさまと隣り合わせ。ですが、まだ2日目で会話も弾みません。。。。

朝食は苦手な「和食」。パンが食べたい、ジュースが飲みたい、ヨーグルトが食べたい、コーヒーが飲みたい。。。。なんて贅沢を言ってられません。格安コースではないはずなんですが。。。

(別のデラックスホテルはバイキングだそうです。いまや、それが普通ですよねえ)

そんなに急いでどこに行く? 本日の予定は、琴平から山を越えて、高知へ行きます。
ただ高知に行くだけ。。。? なにしろ、土佐のこと知らないもんですから。

ただ、バスに乗ってわかったこと。なんでも山の中の平家落人の里に行くそうで。まあ、山越えですから。ふーん。

B1964-2土佐2023-06-27

訪れたところ。地図で上の方の「観音寺市」が琴平に近いところ。そして下の方に「高知市」。その真ん中にある青い丸があるところ。ここ、徳島県の西祖谷(そや)山村というところだそうです。バスは山道をひた走り、9時頃には着きました。

平家落人は、こんな山奥に隠れ住んだとか。そして、吊り橋をかけて、いざというとき切り落とし、逃げるんだそうで。その吊り橋。わたるだけで500円。はい、旅費に含まれています。

B1964-1土佐2023-06-27

私が思い出したのは、インディアナジョーンズのインドの吊り橋。高さも長さも違いますけどね。とにかく、渡してある板が、隙間が案外大きく、みなさん、ひえーと声を出しておりました。

近くには「琵琶の滝」というのもありました。

さて、ここを後にしますと、また山道をひた走り、乗客は居眠りしている間にバスは高知市内へ入りました。時刻は12時。お昼です。

B1964-3土佐2023-06-27

「はりまや橋」。聞いたことありましたが、まさかのこれ? 「ビルーの谷間にがおー」でビックリしました。
この近くのお店、カツオのたたき専門店で昼食を食べました。うーん、雨模様もあって、昼お酒(いつもはビール)は控えました。

結果、口の中に生臭い(ああ、ニンニクもあったか)のが残り閉口しました。。日本酒でも頼んでおけばよかったかもしれません。

食事の後は、なんですか?というと高知市内観光。ひとつは、「桂浜」だそうです。
きっと、坂本龍馬がうんぬん、と言うんだろうなあ。。と思っていましたが。

山の上にあった銅像。えっちらおっちら登りました。ガイドさん、なんであんなに台座を高くしたの?と言ってました。いろいろなエピソードも聞かせてくれました。みな、坂本龍馬というよりは、銅像に関するエピソードでした。

B1964-4土佐2023-06-28

そういえば、坂本龍馬が隠れていた家とか、別の旅行のときに、どっかで見たっけなあ、と思い出しました。もう、老人ですから、どこかも忘れてしまったのですが。ははは。

観光客、そんなことより、最後に歩ってたどり着いたバス駐車場の近くにあった休憩所、ソフトクリームが美味しかったこと。。ここでも、食べたんです。はい。蒸し暑いですからね。

ここが終わると、今回のメイン、「牧野博士の植物園」だそうです。これを見るため、旅行に参加した人もいるとか。いま、朝ドラで有名ですね。

B1964-5土佐2023-06-28

とにかく広いし、時間も限られているので、歩くのも大変。私は、展示物を2、3見ただけでした。そういえば、私の大学時代、工学系ですけど、牧野先生という方、居ました。四国出身でしたね。関係ない? 失礼しました。

夕方5時頃には、ホテルに入りました。昨日に続いて、小ぢんまりしたホテル。なんというか、四国は物価が高いのでしょうか? 私、おひとりさまですから、ツアーではひとよりたくさんお金払ってるんですけど。。。

本日の歩数は8千歩。足は疲れております。
温泉に。。。高知市内のホテルですが、いちおう、温泉のようでした。大浴場? やはり小ぢんまりとしたお風呂でした。 

まあ、あったまったからいいか。昨日も、本日も、ほとんど人に会わずに入れてラッキーでした。貸切風呂。。。

食事は、今日も「会席、和食」でした。ふーん、明日の朝もそうです。だんだん元気なくなる私でした。。。ビールは飲んだけれども。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています