fc2ブログ

記事一覧

団体生命保険の更新







 本日は「団体生命保険の更新」の郵便が届きました。

 これは掛け捨ての生命保険で、毎年更新、70歳まで加入できるもの。元の職場で入っていまして、定年後、5年の再雇用嘱託も終了して、なお加入し続けていたものです。

さて、私、70歳になりましたので、もうお終いかと思われたのですが、今年の継続のパンフレットを読みますと、「満70歳6ヶ月を超えた保険期間満了日まで」加入できるとあります。

あれれ? どうしようか?

掛け金は年齢とともに上がり続け、昨年は(66-70歳、1000万円の場合)毎月4826円(年間57900円)でした。この料金は2019.11以来一定。

この保険、掛け捨てですが、「余剰金が生じた場合、配当として支払う」という特徴がありました。例えば、35%の余剰金がありますと、約2万円帰って来ます。

なので、結構お得だったんです。実質37900円の保険料で1000万円加入ですから。

しかしです。2020年、2021年と配当金は35%だったのに、昨年の2022年は0%、0円だったのです。がっかりしました。。。

それに加えて、70歳で打ち止めかと思いきや、もう1年延長できそう。
でも、今年2023年の配当がどうなるかわからない。お得感はないかもしれない。

さらに、保険料の改定があるそうで、今年2023.11から5442円(年間65304円)になるとか。12%の値上げです。

そして配当は、脱退とともに権利が失われるそうです。つまり、1年延長して加入しても今年の分の配当しか受けられない。来年は配当なし、ということだそうです。

そうなると、あらためて、年間5、6万円払っている生命保険、お得なの? さらに、必要なの?というところに行き着きます。

実は、この保険、惰性で入っていました。
現役時代は、大黒柱の私が死んだら、家族が困ると、また妻亡き後は学生である一人っ子は生きていけない? と入っていた保険です。

しかし、我が子もいまや経済的に独立し、ぽっくり逝ったら我が子に小遣い残す、くらいの目的しか残っていません。まあ、親父の小遣いで、我が子に小遣いを残す、程度のものでした。

だいぶ動機が不純ですね。

それに「満70歳6ヶ月を超えた保険期間満了日まで」加入。
でも、あと1年しかないよ? 私。。。あと1年でも死にそうにないなあ。。

この保険、本当に惰性で入っていたんです。。
これ、もったいない。。と考えれば、いつでもやめられる類のものです。

年間5、6万円、うまいもの食った方が良いか?
今私ぽっくり逝っても、我が子に残す資産は「たくさん」あるし。。。。

じゃあ、今回こそ保険の継続は「無し」と手続きしようかな。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています