fc2ブログ

記事一覧

東北旅行(1)ー電車の旅、バスの旅







 10月22日から2泊3日で北関東発 仙台(宮城)ー鳴子峡(宮城)ー安比高原(岩手)
ー十和田湖(秋田)ー奥入瀬渓谷(青森)ー八甲田山(不発)/城ヶ倉大橋ー紅葉山(青森)ー安比高原(岩手)

ー八幡平(岩手/秋田)ー平泉(岩手)ー厳美渓(岩手)と行って来ました。

旅の目玉は?
私も良くわかりません。たぶん、秋の紅葉、黄葉なんでしょうね。

何しろ、団体ツアーです。仙台までは列車、東北新幹線ではなく「常磐線特急」(実際はほとんど各駅停車)。。。時間がかかりました。

私は最寄りの駅で乗ってから3時間半のところ、おおよそ4時間、尻が痛くなりました。行きも帰りも遅れました。途中、単線のところがあって、どこかで遅れが出ると、皆遅れる、という電車ですから。

旅の途中で聞いた名古屋の人、名古屋から岩手花巻空港までひとっ飛び。1時間くらい。夕方5時に花巻空港出ると、6時につくんだそうで。我々、北関東の住人、仙台までバスで戻って、そこから電車、電車の本数ないので、仙台で1時間半も待ったし、そこから早くて3時間半。。。

悲惨ですね。。。北関東。。。
今回は、はじめて鉄道の旅、参加しました。電車嫌いなんですが。乗ってる時間長いし。4時間はながい。。

さて、前置きはこのくらいにして。旅は始まり。

集合はもっと東京寄りの駅ですが、私は途中乗車。団体乗車券ですから。当然、途中乗車の人、切符もらってない。
どうなることかと思えば、「入場券を買って乗ってください」とのこと。前々日に「何号車、座席番号」を教えてもらっていました。

で、教えられた電車が来たら乗る。私が乗る駅にはたぶん同じツアーと思しき人10数名の参加者がホームにいました。こうしてはじまりました。車内ではじめて「集合」。

電車のドアは開いたけど、皆爺さん婆さんなので、荷物も重く、なかなか乗れない。発車のベルは鳴る。。。私は焦って、隣の車両のドア目指して走りましたが、そこにつくとき息切れ、足ももつれる。。。ああ、若くないんだ。。。。

車内に入って、スーツケース、網棚の上にあげようとしたら、ああ、重い。。。何しろ、頭より上に持ち上げなくちゃいけないんだからね。

ヒコーキではそれほど感じいなかったけど、電車の網棚って、真下で持ち上げるのではなく、ちょっと遠くから斜めに置かなくちゃいけないから余計に力を使うのかもしれない。。スーツケース落としそうになりやばかった。。。

ああ、汗掻いた。なにしろ、今日から冷え込むとか天気予報が言ってたので、今シーズン初めての股引履いて来た。余計に汗だ。。

がたこん、がたこん。電車は走る。。。しかし、特急のはずが、だんだん、各駅停車になってしまった。どうりで進み方が遅いわけだ。。。こんな特急もあるんです。

朝の9時すぎに電車に乗り、たぶん1時頃、仙台につきました。昔の東海道線の「つばめ号」より遅かったでしょう。

着いた仙台は、「大都会」でした。(私の住んでる北関東、田舎ですから)
ここで、観光バスに乗りました。やってきたぞ「東北」。

仙台は、昔、仕事で何回も来ました。(東北大学とビジネスホテルと居酒屋の往復が仕事でした)。でも、厳美渓や蔵王は行ったことがありました。家族旅行だったかしら。もう、昔のことで記憶がございません。。。

観光バスのガイドさん、とてもお話が上手でした。
さて、はじめに宮城県の大崎市の山間にある鳴子峡。

B2056-1東北2023-10-25

こんな感じ。紅葉、ちょっと色づき始めかしら。
もうちょっと遅ければもっと綺麗なんでしょうねえ。

B2056-2東北2023-10-25

ガイドさんに勧められて、モツ煮を食べました。
お昼が電車の中でサンドイッチと軽めだったので、とても美味しく食べられました。

B2056-3東北2023-10-25
B2056-4東北2023-10-25

ここをみたら、本日は一路、岩手県の安比高原のホテル、ANAなんとかホテルでした。
部屋は良かった。食べ物もバイキングでそれなりに。

ただ、同宿の台湾人ツアーの大軍団が、先着していて、我々日本人は縮こまってしまいました。
食堂も、バスの出入りも、皆日本人は振り回されました。。。はっはっは。。。


つづく。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています