fc2ブログ

記事一覧

東北旅行(2)十和田湖、奥入瀬、もみじ山







 東北旅行2日目。岩手県安比高原のホテルを朝8時すぎにゆっくりと出発。
 向かうは秋田県と青森県の境にある十和田湖。

行ってみてわかったのは、カルデラ湖なんだとか。ふうん、そうなんだー。火山の火口だったんですね。まずは峠の展望台から湖を眺めて。。。

B2057-1東北2023-10-26

 峠の眺めはいまいちかしら。。北海道の摩周湖のほうがよっぽど見応えがあったような気ガス。湖の辺りに行ってみれば、乙女の像。

これも、昔、何もなかったよと妻が言っていたのを思い出します。妻は以前来たことがあり、私と2度目、私ははじめて。やはりここには何もなかった。。。
B2057-2東北2023-10-26

いまは、湖上を走る船があったり、湖畔には環境庁のビジターセンターがあったり。
でも、乙女の像や神社には訪れても、ビジターセンター、だーれも訪れない、不人気のところのようです。確かにねえ。

ニジマスも誰それさんが懸命に育てて、ようやく根付いたんだとか、ガイドさんが説明してくれました。そうでしたか。。ニジマスと乙女の像、それに観光船がなければ、なーんにもない湖のようでした。

そこで、昔は、引き返してしまったのが私でした。

知りませんでした。「奥入瀬渓流」というのが、十和田湖から流れ出る川だったことを。今回、連れて行かれ、携帯のマップで見ていて、初めて知りました。

(なんじそりゃあ!と皆から言われるところです)

B2057-3東北2023-10-26

バスが走り始めて、ガイドさんが、「はい、今度は右です。なんとかの滝(雲井の滝だったかしら)が見えます」とか。

B2057-4東北2023-10-26

「今度は左、何とかの岩です」
B2057-5東北2023-10-26

こりゃ、参った。動くバスの中、とてもカメラでは撮影できません。目で見て、頷くばかりなり。次々と現れる景色ですし、すぐに木陰に隠れてしまいます。。。

リアルタイムでガイドさんの指示通り見て歩く渓谷めぐりでした。(もし、昔、自分の運転でここ通ったなら、おそらく何も見えずに終わったに違いありません。さずが、プロのガイド)

1箇所、バスで降りて散策できる地点がありました。石ケ戸というところ。昔、女山賊が隠れていたところとか。。
B2057-6東北2023-10-26

さて、奥入瀬を抜けますと、今度は、待ちに待った「八甲田山ロープウエイ」です。
B2057-7東北2023-10-26

最初は、「本日観光客多くて1時間半待ち」と聞いて添乗員さんがホテルの晩飯時間を1時間遅らせるよう連絡したところでした。

ところが、いざ向かっていると、「本日、風が強くなり運行中止となりました」だそうです。

へえ、そうなんだ、残念だねえ、などとやっていたら、私の携帯。トラブル発生。
地図を表示していたら更新されなくなった。周りが真っ白に。気がつけば、電波来てない!

上高地、館山連邦でも電波は来ていたのに、ここ八甲田山周辺は電波がない?(ちなみにソフトバンクでした)。。。再起動したら治るかと試したら、電波が来ないと再起動もできないiphone。 いや、壊れたかとしばらく心配して景色どころではなくなってしまいました。

でも、下に降りることには電波復活、やれやれ、よかったよかった。。

八甲田山から酸ケ湯を通り、城ケ倉大橋を渡る頃。ここが、紅葉、黄葉の絶景の場所でした。
これが、この旅行一番の景色だったかも。

B2057-8東北2023-10-26

B2057-9東北2023-10-26

さて、余った時間、下の方の「中野もみじ山」へ行きました。中野神社がもみじ山となっているようです。神社は建物も小さいけど、3本の樹齢400年のもみじが有名のようです。

B2057-10東北2023-10-26

ただ、残念なことに「紅葉」はまだほとんど始まっていなかった。もっと後に行けばきっと綺麗だったことでしょう。

ということで、観光を終えて、バスは再び安比高原へ。
さすがに本日は1万歩あるきました。夕食はバイキング。美味しいが食べすぎます。

いつもより6時間も早く10時には寝ました。。。。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています