fc2ブログ

記事一覧

郵便局に2度行く。。







 午後、ポストを見に行くとハガキが1枚届いていました。
 昔の職場の同期から。ああ、お母さんが亡くなったのか。喪中ハガキが来る時期だな。。。。

あれ? 御歳74歳? お母さんにしては若すぎる。う? お名前が女の人だったし。。。あれ? これ奥さんじゃん。

そうです。亡くなったのは奥さんでした。
考えてみれば私も70歳。職場から離れて5年だし。再雇用で会社に残っていても通常は65歳まで。特別な雇用でも70歳まで。

それに私は北関東にいるけど、この同期の人は関西の会社にいて住まいは京都。
この同期の人はドクターだったので私より少し年上。もう仕事してないんだろうなあ。

それにしても、夫婦そろって関東出身なのに、退職してからもずっと京都なのかしら。
なので、訃報の便りは喪中ハガキのみだったようで。

昔はご夫婦そろって私たちと一緒にお酒を飲んだものでしたが、関西に移転してから、年賀はがきだけの付き合いになってしまっていました。

いつか会えると思っているうちに亡くなっていたなんて。京都には最近はツアーでしか行かないので、きたよと声をかけることもしませんでした。

そういえばそうか。私も70歳だしね。皆、年老いたってことです。
なので、汚い字で手紙を書いて、郵便局にでかけました。

車を降りて、あれっ?
香料を入れるので、現金書留で出そうと、住所の書いてある喪中ハガキは持ってきた。手紙もある。

だが、しかし、そういえば、現金ぽろっと入れるわけにはいかないよな?来る前には「御仏前」の熨斗に入れる姿を想像していたけれども、コロッと忘れていました。

なってこった!
これも、忘れっぽい「年寄り」のなせる技。

いまさら、スーパーで「御仏前」の熨斗を買っても、筆ペンまで買わねばならない。。
うーーん。。。。

結局、郵便局のドアを目の前にしながら、また車で一旦家まで戻り。。
家で、「御仏前」用意して。。

再び、面倒にも運転してやってきました郵便局。
いつの間にか、我が近所の郵便局も電子マネー払いに対応できていました。

こうして、私の「お悔やみ」は私の代理として遠路京都まで飛んで行ってくれます。
合掌。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています