fc2ブログ

記事一覧

袋田の滝に行ってみた







本当は11月の第2週に福島への紅葉見物へと、パソコン画面でYahooマップを使いながら、我が家から、走行ルートをあちこち検索。

昔、走ったことのあるコースを行くと、まだ行ったことのない名所がいっぱい。これ、クラブツーリズムの東京発の観光コースになっていたりして、これを参考に、あれやこれやと。

行く気まんまんだったのですが、11月の第2週は、天気が悪いという予報。天気を見ては紅葉ドライブのタイミングを伺っていたものの、一挙にくじけてしまいました。

そこで、家で毎日ごろごろの継続。このままじゃなあ。。。。
そうこうしているうちに、寒くなり、いまじゃ、我が家の朝、外は3℃とか。ストーブ様様。

てなこと言ってる場合じゃない。私の高校時代のユージンUは、東京からLCC成田発関空行きに乗って京都に出かけてます。

前の日に成田の床に泊まって、朝からプライオリティパスによる無料ボテジュー。関空着いたら、到着便のプライオリティパスでこれまたボテジュー昼飯? そして京都では3泊6000千円の格安ホテル。朝食付き、さらに夜はカップ麺まで付いている。なんとすごいんでしょう。

観光三昧。

私は、昼過ぎに、こうしちゃおられんと、重い腰を上げて、車に乗り、近場の観光名所へと向かいました。北関東、茨城県北部の「袋田の滝」。昔、20年ほど前に、来たのが最後。ひさしぶりー。

B2073-1袋田2023-11-14

今日は、平日だし、空いてるよなーー、という期待の元に。
道は、転々と車がいました。ゆっくりなスピードで、これじゃ1時間くらいかかるかしら、と。

国道118号から滝の方の道に入りますと、2キロくらいで滝。対向車線からは、結構滝帰りの車が来ます。ああ、混んでいるのかしら?

と思っているとすぐに「町営駐車場」「無料」の看板が。あれ?こんなの昔あったかしら?
まだ、滝までかなりあったと思うけど、まあ、いいか。散歩だし。ここで止めました。

(これが、いけなかった)遠かった。。。「無料」にひかれちゃいけないよ。。

さて、一生懸命歩きますと、路上に「1キロ」の文字が。あれ?ってことは駐車場から1.5キロってことじゃない。往復3キロだよ。しまったな。。。

ちなみに、近くの土産物屋隣接の駐車場はだいたい500円でした。。500円の価値はあったかも。
滝は、正面から見るのは「有料」。でも、300円。いまじゃ、電子マネーオーケーでした。
滝正面には山をくり抜き作ったコンクリートで「観瀑台」があり、他に滝を正面から見る道はありません。

B2073-2袋田2023-11-14

B2073-3袋田2023-11-14

この入場券。「トンネル入場券」なのです。

トンネルを抜けると滝正面(下側)の「第1観瀑台」。迫力があります。
記念撮影。(一人で撮ると、顔がでかい)

B2073-4袋田2023-11-14

さて、ここを楽しんだ後、エレベータに乗ると「第2観瀑台」

B2073-5袋田2023-11-14

今度は上からの眺め。

B2073-6袋田2023-11-14

ここには、台湾からのユーチューバーみたいな人が撮影していました。すれ違う日本人は、クラブツーリズム、トラピック。。。

帰り道はトンネル脇に出ると、吊り橋があり、ここから帰れる。

B2073-7袋田2023-11-14

吊り橋からは、「第1観瀑台」と袋田の滝の横の姿が見えます。

B2073-8袋田2023-11-14

トンネルを通らなくても、吊り橋までは「無料」で来れます。しかし、滝の横顔だけ見て帰っちゃうのはもったいない。。やはり正面から見る姿は有料300円の価値はありますねえ。

帰りの吊り橋コース、実は少し登らなければいけない。おかげでくたびれました。。
また1.5キロ歩くと駐車場。

この近くは「りんご農園」が多い。自分への土産にこれ。フジと青いのとまぜたやつ7つで千円。高いのか安いのか知らないけれど、毎日少しづつたべればいいかー。

B2073-9袋田2023-11-14

というわけで、11月のドライブ。紅葉ならぬ「茶黄葉」を横目で見ながらの「滝見物」でした。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています