fc2ブログ

記事一覧

白川郷と高山の旅3







 2日目、ホテルを出発したのが10時。
 すぐに市内の駐車場に着きました。

バスを降りて自由行動。どこに行ったらいいの?

地図をもらっています。でも、何もアイデアが浮かびません。まあ、足の向くまま行ってみるか。
時間が2時間半もありますし。

おお、さすが人気の観光地。
浅草でよく見かける人力車。60年前に来た時ニャア、こんなのありませんでした。ああ、当たり前か。

B2145-1高山2024-02-14

B2145-2高山2024-02-14

私が60年前を思い出した景色は、実は川でした。
記憶が蘇りました。これ、変わってないよねえ。

B2145-3高山2024-02-14

昔、小学生でしたので、市内観光などしたことない。

実は、私のおばさんの家、市内中心街から山手に少し行ったところ。なので、毎日、家の前のブランコで遊んでいて、たまに駄菓子屋に行ったくらいしか思い出がありません。

みんなで街中に行った唯一の思い出は映画館で「百一匹わんちゃん」を見た思い出くらいです。

さて、60年後に歩いて行った始めの場所は「陣屋」。なにか武士がいた場所くらいしかわかりません。入ってみたら、わかりました。

B2145-4高山2024-02-14

お代官様がいた場所。役所ですね。お代官と言っても、実は「郡代」だと言う。代官より偉い人らしい。で、代官というのは、代わりの人。誰の代官?と、調べましたら、徳川幕府でした。

そうなんだー。初めて知りました。高山って、徳川幕府の直轄領だったのですね。どうしてこんな山奥が? と不思議に思います。これも、展示を見ていてなんとなく理解しました。

戦国の世から納めていた領をあるとき、徳川幕府が召し上げた(横取りした)。なぜかというと「木材山地の木曽」を徳川御三家の尾張(名古屋)にやってしまった。当時の力関係なんでしょうね。

そして失った「山の産業産地」を確保するため、飛騨高山を召し上げたということらしい。かわいそうにね。1692年から1868年明治の176年、徳川が治め、絹の製造、火薬の製造、木材の製造みたいな感じ。さんざんに無理をさせたらしい。

小学生の頃知らなかったそんな歴史が、70歳のじじいになってわかりました。まあ、地元の歴史じゃないと、理解は及ばないものですから。すみません。

陣屋は小さい建物なのに、役人の事務所、下級役人が詰めていた部屋とか、湯のみ用の台所とか、トイレとか、お白州(裁判だけでなく、警察、拷問道具とか、ああ、捕まったら終わりだな。。。)とか。いろいろ揃っていたそうです。

歴史には、ときどき、領民への搾取が度を過ぎ、反乱が起き、代官や「郡代」の横領、悪事がばれて、幕府から派遣されたものによって処罰されたなど、まるで時代劇の話が本当にあっただなんて、事実は小説よりも奇なりですなあ。。。

陣屋の見物だけで、だいぶ時間を取られました。素足(スリッパあったけど)で歩く冬の板の間、寒いこと、寒いこと。。(来るなら春か秋です)

次に来たのは、「街並み保存地区」。
建物はそうなんですが、中身は、流行りの品を売る店。

B2145-5高山2024-02-14

B2145-6高山2024-02-15

団子屋は許せるけど、こちらは?
B2145-7高山2024-02-15

飛騨牛の握り寿し。すごい行列。ありえないーー。思わず叫びそうになります。

たぶん、2巻で600円だったか800円だったか。お皿をもって道路に佇んでいる観光客、嬉しそう。でもね。わたしゃ、食いたくないよ、こんなもの、と。
わたしゃ、一体、飛騨高山まで、こんなもん、見に来たんだっけ?

まあ、いいか、現代の高山、外人にとても人気だし、たくさん外貨を稼いでね。

次に市の「伝統芸能体験教室」を訪れてみました。興味なかったけど。トイレに用があったし。
ついでに覗いて見て、一刀彫り、ふーん、そうなの。。。

組紐、うん、興味ないなあ。誰がこんなもの見に来るの?。。んん?
それが、実は。。。。。若者に人気なんだそうで。。。え?

B2145-8高山2024-02-15

最近流行った新海誠監督のアニメ映画「君の名は」。(隕石が落ちて来て町が無くなる話)

あの話、私はてっきり「諏訪湖」あたり、長野県の話かと思っていたのですが、ここに出て来る「組紐」、飛騨の文化だったそうで。。。。へ? そうだったの?

そこで、若者が「聖地巡礼」で、ここを訪ねて来るのだそうです。
へえ。。。知りませんでした。。恐れ入り屋の鬼子母神。。。

食べ物屋さんもいっぱいある中、ラーメン食べました。
醤油ラーメン。

「高山ラーメン」と書いてある小さい店に入って見ましたが、小うるさいほどに注意書きがいっぱい書いてある、へんくつ爺さんとばあさんがやってるサービスの悪い店のようでした。

とんだ店に入ったか?値段も観光用に少し高い。。。
出て来たラーメン、とてもしょぼいラーメン。豪華さが微塵もない、まあ、素朴なでき。

B2145-9高山2024-02-15

しかし、実はこのラーメン。私、60年前におばさんが連れてってくれた醤油ラーメン、そのものじゃないかと思いました。

当時は、単にラーメンと称していたのですし、しょうゆ味でしたし。。。
でも、これ「高山ラーメン」だったんですね。うん、この味、うまいんです。

これがそうだったんだー。感心して店を後にしました。

あとは、駐車場近くの昔の高山市役所の建物を見物して帰りました。内部見学、無料。
どうやら、私が生まれた70年前にはここが使われていたようです。

こうして、自由時間は終わり。
帰りは、バスは松本に向かって、平湯温泉の土産物屋で少し休憩。

そう、平湯温泉も60年前に一泊したことがあります。いまではスキー場になっているようです。昔の面影がなにか見えないかなと思ったのですが、時間がなくてわかりませんでした。

昔、行った時には「スマートボール」という白いガラス玉を使ったおおきなパチンコ台みたいなものがあったのを覚えています。。。ああ、時代だなあ。。。

はい、私の60年ぶりの「高山巡礼」は終わり。晴れ晴れした気持ちで帰路につきました。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています