FC2ブログ

記事一覧

旅のもうひとつの楽しみ アルバム作り







 昔から旅行に行くと写真をパチリ。

 カメラを持っていく日々も、時代とともに、使い捨てカメラ「写るんですよ」を使ったりしましたが、その後「デジカメ」、そして「スマホ」となりつつあります。

 最近まで、私は写りのよくない「スマホ」に業を煮やし、スマホのほか、デジカメ、携帯電話機能だけ無い「iPod」と3台持ちで旅に出かけ、パチリとやっていました。

 フィルム時代ですと、どんなに長い旅でもせいぜい36枚撮り、2本や3本で終わり、あるいはオートハーフというさらに半分のサイズの写真を撮るカメラですと、72枚撮り、2本程度ですから、1つの旅で150枚程度の写真がありました。

 これらは写真屋さんで現像し、サービス版に焼き付けて、簡易ポケットのアルバムに挟み込んでいました。その当時はたまに見ましたが、その後お蔵入り。いまでも物置きにしまってあります。

 さて、定年退職後の旅は、短い旅でも100枚程度、1週間ほど行くと300枚は軽く超えてしまいます。しかも、デジカメ時代から徐々にプリントすることもなくなり、独り身になっての旅行では全くプリントしなくなりました。

これじゃ、写真とった意味なし?

 年に何回も旅に出かけると、旅自体を思い出せなくなってしまいます。
 このため、アルバムにしようと思い立ちました。

 ネットでよく利用する会社の価格表は次の通り。

B219アル12018-01-04

文庫本サイズで36ページがなんと198円。

1ページには写真2枚は配置できます。A3サイズは見開きA4版の大きな写真もアルバムにできるし、1ページに2枚の写真を配置してもサービス版程度の大きさになるので、いつもこのサイズを選択して作ります。

その結果がこれ。

B219アル22018-01-04
B219アル32018-01-04

ちゃんと製本できて、144ページでも1000円程度でできあがります。

アルバムはネット上で写真を配置し、写真の説明文を記入することで、1ページづつ作っていき、最後に発注をかけるだけです。

ただ、1つの旅行で写真400枚程度ありますと、編集にまる3日くらいかかることざらです。

一昨年までは一生懸命作りましたが、昨年はアルバム作成ゼロ。
バリ島インドネシア、天橋立竹田城姫路城、萩宮島津和野、スペインと4つ分溜まってしまいました。

アルバムの効能は次の通り

1) 旅行の記憶が散逸するので、資料もまとめて写真に撮り、すべてアルバムに入れることで、旅の記録になる —> 自分でときどき参照できる

2) 家族や友人に見せて、どんな旅行だったかを説明する道具に使える —> 職場でも活用した
3) 旅行にいけなくなったときに、きっと眺めて暮らす。

4) 一番の効能は、作成自体を楽しんで行えること(三日三晩の作業は苦しみでもありますが)

寒い冬の1日、旅行に出かける気分ではないので、またアルバム作りを再開しようかと思います。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

MacのOS

新年おめでとう御座います。

少し前にMacのOSについて語っておられましたね。

私は昨年Sierraにアップグレードして、今までの多彩な細かい異常が治ってしまいました。全体としてはすごくうまく使えるのですが、小さな異常例えばよそのHPに文字を入力できない時が他時々あったりしました。
つまり、前のOS であるEl Capitanに問題があったのです。El Capitanにアップグレードしなかったのは賢明なでした。

Re: MacのOS

> 新年おめでとう御座います。
おめでとうございます。

> 少し前にMacのOSについて語っておられましたね。
>
> 小さな異常例えばよそのHPに文字を入力できない時が他時々あったりしました。
> El Capitanにアップグレードしなかったのは賢明なでした。

Numbersなどのアプリのアップグレードが、新OSのみに対応しているようなので、そろそろ、アップグレードする時期が来ているかなと思っていました。情報ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています