FC2ブログ

記事一覧

雪の備えにタイヤ交換 4000円の労働は毎度くたびれる







 関東は1月22日(月)、雪が降るかもしれない、と天気予報は脅しています。

 私は風邪ひきで休んで以来、次の勤務日は26日(金)なので、その間どこにも出かける予定はありませんが、それでも雪の備えは必要。

 例年ですと1月になって、まだいいやー、とサボっておりますと、TVの天気予報が騒ぎ出し、直前になって重い腰をあげるというパターンなのです。

 昨年2017年ですと、スタットレスタイヤに交換したのは1月14日、雪がちらついたのは1月20日、雪がつもったのは2月9日のみ、夏タイヤに交換したのが4月13日でした。

 その前年2016年は、もっとすごい、でかける予定なく、また車が新車だ(タイヤが新品で溝がいっぱいある)ことにも安心して、雪がちらつく1月14日、1月17日、雪がつもる1月23日、1月30日の4回をやり過ごしました。

しかしいよいよ九州旅行に行く前になって、空港に行くのに用心しないとなと思い、2月3日になってお店でスタットレスタイヤを購入し交換しました。

しかし、その後雪がちらついたのは2月15日の1回のみ、3月30日には、夏タイヤ交換に交換してしまいました。

 北関東にある我が家は、冬になれば雪が降ることはあります。多い時には1シーズン5、6回、少ない時には、1シーズンに1度も無し。

 雪は当たり年があるのです。

さて、今年もはじめました。タイヤ交換。
B234-1タイヤ2018-01-20

中庭に面したテラスにスタットレスタイヤ4本が保管されています。これを車庫まで転がす。

重いのです。そして、車のタイヤ、1本づつジャッキアップする。その前に4つのナットを緩めておく。これも重いのです。体重をかけて力いっぱいやってようやく緩む。短い工具ですからね。

 さて、ジャッキアップしたら、今度はナットをはずす。タイヤを交換する。
 新しいナット4つをつける。1つは盗難防止用に特殊な山がついたナットです。
B234-2タイヤ2018-01-20

レンチの先にアダプタをつけてはめ合わせて回すのです。めんどくさ。
B234-3タイヤ2018-01-20

 カー用品の店でスタットレスタイヤを買う時に、アルミフォイールは盗まれやすいので、盗難防止用ナットをつけると良いですよーと。これが失敗の始まりでした。

 工具の先につけるとはめ込み具合によって空回りすることあり。それに、もともとの夏タイヤもアルミフォイールなのに、そんなものつけてない。冬タイヤだけつけてどうすんの?

しかも、我が団地では、駐車している車からわざわざタイヤ盗んでいくやからはいない。職場の駐車場など厳重な警備の柵のなかにあり、盗難はまず無い。

長期で駐車するとすれば、他には成田空港のホテル駐車場とか、我が家近くなら高速バス駐車場だが、そこでもタイヤだけ盗まれるような事件は起きてないはずだ。

 つまり、盗難防止用ナットは不要だった。
 苦労しながら、4本を交換しました。

 保管していたスタットレスタイヤの空気は1.6キロに下がっていました。規定値はどうやら2.2キロ。足踏み式空気入れで、えっさえっさと漕ぎ出して、空気を入れます。このキカイ、かれこれ30年使っています。
B234-4タイヤ2018-01-20

 おおよそ、2時間かけて終わりました。
 ごほごほ、とときどき咳をしながらも。

 もう、雪が降っても安心。。。。

 いつまで、自分でタイヤが交換できるかというと、あと10年くらいでしょうか。

 車屋さんに頼むと1本1000円、4本で4000円というところ。
 稼ぎました。春にももう1回やります。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています