FC2ブログ

記事一覧

台所の水栓の水の染み出し WEBで調べたら修理より交換しろだそうだ






B238-1水2018-01-24

 我が家の台所の水道の蛇口、水が染み出すようになって久しい。
 Amazonで部品売っていることは知っていても、何か面倒で放置状態。

 重い腰を上げて、調べることにしました。

 WEBで調べると、いろいろ出てきます。まずは、水漏れは、スパウトと呼ばれる部分の上下からおきており、原因は内部のバルブカートリッジ(シリンダー)の劣化、またはパッキンの劣化だそうです。

 ただ、古いものは、水栓そのものを買い換えた方が早い、とでています。数万円。

 で、交換のページを見てみましたが、どうもやっかいです。
 また、新品に交換するのも、何かサイズを測らないといけないようで。

B238-2水2018-01-24

しかし、B=26.5cm, C=14.5cmはわかっても、A=? 5.0cmより小さいとしかわかりません。

この水栓の型番は?水栓には「JWWA」のシールが貼ってあります。
WEBページによると、これは水栓の規格を表すシールだそうで、水栓の型番ではないとのこと。

ふと、思い出したのは、私の家の台所周りは「タカラスタンダード製」だということ。

「タカラスタンダード」のホームページに行き、水栓を探すと、ありました。
http://www.takara-standard.co.jp/cock/

B238-3タカラ2018-01-24

分類はDとなり、探すとD-3というものでした。

B238-4タカラ2018-01-24

B238-5タカラ2018-01-24

MYM製のFM737-13。我が家は平成4年(92年)に引っ越したと思われるので、かれこれ、26年使っている勘定です。

水栓の上の部分の構造は、部品メーカーのカタログから、こんな感じ。

B238-6MYM2018-01-23.png


また、下の部分の構造は、お湯と水の配管が合流して水栓に入っているようです。(他のメーカの現行品から図を拝借。)

B238-7KVK2018-01-24.png

なお、MYMという会社はすでにないようです。喜多村合金製作所(MYM)はタカラスタンダードなどOEMで部品供給していましたが、H20年に倒産(事業撤退)?し、KVK社が後を引き継いだとのこと。

で、WEBで相当品を探したら、KVK社のKM5051TECがヒットし、部品は割引価格で1.7万円とでました。工事費が別途1万円程度のようです。ただ、WEBの会社は私の地域は工事対象外となっていました。

結局、交換するとすれば、地元の会社と交渉でしょう。まずはタカラスタンダードのショールームに聞くのが早いと思われました。

もうすこし、漏れがひどくなったら対処することにしましょう。
調べたことが無駄にならないよう、ブログに書き留めておきました。はい。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています