fc2ブログ

記事一覧

けちけち大作戦 固定電話と光ネット






 ■ADSLと電話を見直し、光化を図る
 我が家のインターネット環境はH9年(1997年)に電話モデム(32kbps)ではじめました。地方インターネットプロバイダー企業と契約し、メールアドレスをもらいプロバイダーのサーバーにホームページを開設しました。

その後、もっと早いISDNなる通信方式もありましたが、電話モデムを(56kbps)にスピードアップするくらいが関の山で、そのまま使用し続けました。

(1)H15年(2003年)8月頃、ADSLに
 その後、地元では2002年秋に8MBのADSLが開通、2003年7月には26MBも開通。だんだん速度があがってきました。我が家は2003年8月に決心して、その頃、メジャーだったYBB (Yahoo BB phone)とADSLを契約、自分で工事して開通させました。

NTTの通常電話(基本料金+ナンバーディスプレイ)2000円台とYBBのADSL+プロバイダー料金4000円台、合計6500円程度を毎月支払っていました。これが、なんと10年も続きました。

 いつしか、世の中、スマホの時代になり、昔の静止画のホームページのサイトから、情報量が桁違いの動画サイトが主流になりました。10年目の秋(2013年)にアベノミクス効果によりYBB(ソフトバンク)の株主優待が復活し基本料金1000円程度が無料となって、電話ネット料金は月5160円程度に下がりました。

B27インタ2017-05-17

(2)H26年(2014年)12月、「YahooBBフレッツ光」へ
 この当時、パソコンや携帯スマホの動画絡みのダウンロードの遅さ、画面が途切れ途切れになること、しばしだったのですが、それでも我が家ではADSLで我慢しておりました。

工事やネット環境移行の面倒さを憂慮してのことでした。しかし、がまんが限界に達し、11年目のH26年(2014年)12月に「光」に切り替えることにしました。

 これに伴い、従来使用していたNTTの固定電話は、使用停止となり、光電話に移行しました。(光電話は停電があるとすぐに使用できなくなりますが、固定電話は局舎のバッテリーが続く間は使えるので、万一のときは役に立ちます。

東日本大震災のときには4日間停電し、携帯電話は半日程度で中継局が使用不可になりましたが、固定電話は2日くらい使えました。でも、時代の趨勢、今回の契約変更で涙を飲んで停止させました。)

 プロバイダそのままにできるYBBの光にしたのですが、契約後わかったのは、フレッツ光の名称からわかる通り、実際は「NTT東日本」が工事し、料金も「NTT東日本」に支払う、プロバイダ料のみYBBに支払うというものでした。

 肝心の料金は、「NTT東日本」分は、NTTの契約料+家屋内工事費+工事費(局切り替え費)が8800円、それ以外の工事費20000円は2年の分割払い(NTT東日本の特典により実際は無料?)に、月々の使用料はキャンペーンや月々の工事費返済も入れて月6330円台(2年間)となりました。

一方の「YBB」分はプロバイダ料金のみですが株主優待により0円。

 結果、グラフにしてみるとわかる通り、合計金額は2013年以前と同じ料金。YBBの株主優待がないと7000円台になることから、実際には増額(月1170円)だが、まあしかし、速度が向上した分はよしとするか。戸建の光はマンションなどの集合住宅の光より高いのです。

 注意すべきは、2年後(2016年11月+2ヶ月)に工事費の減額キャンペーン(788円月)が無くなるので、月7000円に値上げになる。このときには、また別の方法を考えるべきです。

(3) H28年(2016年)10月、ソフトバンク光へ契約変更

 2年後に光料金が上がることはわかっていたけれど、どう対策するか悩んでいました。一方、いままで、ソフトバンク携帯とYahooBB光と同系列の会社で契約していたにもかかわらず、まとめ支払いの割引が適用されていませんでした。

ソフトバンクの店で聞いてみると、「ソフトバンク光」に契約しなおせば、「ソフトバンク光のお家割」が適用され携帯料金が芋づる式に安くなるとのこと。NTTとの契約満了まで3ヶ月ほど早かったのですが、契約しなおすことに。

結果、携帯使用料は安くなったけれど、ネット契約の方はすぐには安くなりませんでした。目に見えて安くなったのはH29年(2017年)2月からで、ようやく5300円程度に。ADSL時代の株主優待くらいまで下がってきました。

(4)思わぬ「借金」
 なお、3ヶ月ほど早かった契約変更で、元の工事費の支払いはどうなったか?

 H26年(2014年)12月の「NTT東日本」工事費は正確には22680円(30回ローン)、「NTT東日本」の契約期間中の支払額は15120円(H27年2月からH28年9月まで)、契約打ち切り時の残金は7560円、

これが今度はSoftbank光に引き継がれ、35回ローンとなり、月々216円(H28年12月から)の返済となって加算されているようです。

つまり、2年契約とばかり思い込んでいたものは、NTTも30回、SoftBankも35回とか、2年を超える好き勝手な期間ローンとしていたようです。

また、SoftBankは10月契約でも返済開始は12月からですから、契約後3年以上も「借金」を抱え込んでしまったことになります!たった月々216円とはいえ。見かけ上、安くはなりますが、いやですね。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています