FC2ブログ

記事一覧

田舎暮らしと自動車






 田舎ぐらしには自動車は必要不可欠。仕事には通勤。生活には銀行、郵便局でのお金の引き下ろし、スーパーなどでの生活物品の買い出し、暖房用の灯油の買い出し、医療には病院通い。全てが車。現役組はもちろん、セミリタイヤ、リタイヤ問わず、皆車に乗っています。

B30車2017-05-25
我が家でかつて使用していたホンダ エアウェーブです。(カタログより引用)

 我が家は、バブル時代に県の住宅供給公社が開発した大きな団地(ほとんど戸建)の中に存在しますが、周りには商店はありません。少し離れた「町の商店街」はほぼシャッター商店街で買い物の中心はやや離れたところにある郊外型スーパーマーケットやコンビニのみ。主要な銀行、郵便局、市役所、病院などは住宅から離れたところに点在しています。

 最寄りの鉄道の駅まで3キロ以上、鉄道はローカル線で1日に10本程度の列車が運行されている程度。東京までは、この鉄道で幹線駅まで40分程度、幹線駅からは特急で1時間程度かかります。

最寄りの駅へはバスはなく徒歩か自動車で行きますが、自動車では駐車場がありません。このため、鉄道を利用した出張のときは、幹線駅周辺には有料駐車場があるので、そこに車を止めて東京に出かけます。

 それほど、不便な場所に住んでいると思われるでしょうが、実は田舎は車社会、我が家は高速道路のインターまで10分程度のところにあり、車なら東京までは1時間半程度で行けます。車があれば、実に快適に暮らせるのです。。。。のはずでした。

 ただ、独り住いになって年老いていくと少し問題もでてきます。車を運転できなくなったらどうするか?

これは、一人で考えるより人任せにしたほうが良いかな?田舎の市町村では、民営バスが採算が合わず撤退したあと、福祉バスみたいなものを運営し始めています。我が町でも1日に何便か回ってきます。こういうものを利用するのかもしれない。

 今は目先のことだけに焦点をあて、セミリタイヤあるいはリタイヤ時の車の経費について考えていきたいと思います。

まず、ネットで参考になる記事を見つけました。

「老後の不安 解決し隊」ホームページ「老後資金の貯蓄方法」自動車の維持費と移動手段
「8.自動車の所有と他の方法で維持費を比較」
の表 普通車と軽自動車の所有・維持費

一度、ご覧になると良いでしょう。

さて、車シリーズの始まりです。(つづく)

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています