fc2ブログ

記事一覧

ガソリン車の実績 走行距離とガソリン代






(0) エアウェーブとシャトル
 退職後、購入したシャトルとその前に活躍したエアウェーブの実績を比較し、維持費を見ていきましょう。

B32エアシャトル2017-05-25
ホンダエアウェーブとシャトル(カタログ)
 
 エアウェーブは2005年春発売され、すぐに3人家族の我が家にやってきました。以来10年にわたり、一家の生活を支えてきました。

ガソリン車、1500cc、ホンダフィットのバンタイプです。大衆車の中では「ミニバン」より小さいことから最近の分類では「コンパクトカー」と呼ばれるようです。

23万キロを超えた2015年、十分なメンテナンスは行ってきましたが、一人暮らしとなった我が家では今後のリタイヤ生活のことを考えて、当面メンテナンスのことを考えずにすむ新車に交代させねばという思いで、引退させました。

 代わって、やってきたのは後継車種のシャトル。「エアウェーブ」は廃止となり、フィットのバンタイプは名前も「フィットシャトル」に、そしてそれも廃止となり、単なる「シャトル」という名前になりました。

中身はほとんど同じです。今回は、その車種のうち、エンジンに電気モータが加わった「ハイブリッド車」をえらびました。この車も乗ってから1年半経ちました。

表 ガソリン車エアウェーブとハイブリッド車シャトル
B32表エアシャト2017-05-25

(1)走行距離とガソリン代
 エアウェーブの月当たりの走行距離、ガソリン量を図示。縦軸の単位が(km)か(リットルL)かの違いだけで形状は同じ。ガソリン量は走行距離にほぼ正比例しています。

B32走行距離2017-05-26
B32ガソ量2017-05-26

 私の実績はH17年(2005年)からH22年(2010年)までは毎月1700〜1800km走っていました。現役時代のフルタイム勤務では通勤だけで1500km位でした。

H23年(2011年)からH24年(2012年)の約1年半、走行距離が2倍になっていますが、東日本大震災時の数週間を除きほぼ毎週東京往復をしていたときの実績です。

これを過ぎると再び1800km程度に落ち着き、H26年(2014年)には子が大学に進学し最寄りの駅への送り迎えも無くなったので1500kmまで下がりました。

このように、月当たりの走行距離は意味があり、生活の内容により走行距離の合計値もきまります。近郊の数100km圏内のどこかにたまに遊びに行ったとしたら、図上ではわずかにピークが現れ、平均値が少し変わる程度です。

B32ガソ価格2017-05-26
B32ガソ月額2017-05-26

 月当たりのガソリン代(円)は、ガソリン量(L)にその時々のガソリン価格(円/L)をかけた値になります。100円から180円の間を行き来しています。

H20年(2008年)ころが一番高く180円になり、その年末には100円まで落ちています。その後H26年(2014)年までほぼ直線的に160円まで上がりました。

ガソリン月額は2011年から2012年の期間を除き、15000円から18000円程度で、これは現役時代ですから通勤手当(ガソリン代)が支給されていましたので、ガソリンに関しては収支はとんとんだったわけです。

しかし、通勤手当は自動車の車両価格の減価償却や整備費用は一切出してくれないので、持ち出しになります。
(つづく)

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています