FC2ブログ

記事一覧

旅行保険 クレジットカード付帯保険の補強 ふたたび 「重要事項のご説明」は携行すべきだった







海外旅行保険は、面倒なもの。その点、クレジットカードの付帯保険(自動付帯)は旅行の都度手続きいらずで自由がききます。

ただ、補償額が少ないのが欠点。あらかじめ、旅行期間がわかっている短期間の旅行ならば、付帯保険では足りない部分を補う保険を少額負担でかける手があります。

 以前、

286. 旅行保険 今年もクレジットカード付帯保険の補強(2018.3.16)

161. 旅行保険 その2 カード付帯保険は傷害治療費が足りない? その補強方法 (2017.10.22)

 という記事を書いて、旅行は安心だなんて思っていましたが、

フーテンさんのブログ「どこかへ行きたいな」
「クレジットカード付帯の海外旅行保険・・気をつけなはれやァ・・」(2018.5.19)

を読んでいて、うん、うん、うちは治療費は補強してあるから大丈夫、と読んでいました。

ところが、記事中、
「クレジットカード付帯保険」の救援費用が「7日以上の入院」でないと支給されない、という部分に、はっと気付かされました。

あれっ?私が契約した保険はどうなっていたんだろう?気にしていなかった。

私が旅行の際に契約した会社は、「三井住友海上火災保険会社」、そこのホームページにもあるように「特定手続用海外旅行保険 ネットde保険@とらべる」から手続きをしていました。

契約の際は、補償額だけに着目していたと思います。

私が参加する旅行会社からは「海外旅行保険」の勧誘のために毎回「救援費の事例」が送られてきます。

「ギリシャにて クルーズ中に脳出血 ヘリコプターでパリに搬送 緊急手術 現地入り親族、付添の医師、看護師と一緒に帰国 疾病治療費437万円、救援者費用1524万円等 合計1966万円」

 こんな例をみて、米国以外ならば、治療・救援費用が2000万円あれば足りるよな。。みたいな感覚で、費用の最大額だけに着目して契約して、安心していました。

旅行には、「契約書」1枚だけを持って出かけました。
いざというときは、そこに書いてある電話番号に連絡すれば良い、。。。くらいに考えて。

しかし、今回、フーテンさんの記事を読みますと、救援費用は「クレジットカード付帯保険」の場合は「7日以上の入院」でないと支給されない、とのこと。

手元の私のクレジットカードを調べると、たしかに「7日以上の入院」。

それでは、私が補強のために契約した「特定手続用海外旅行保険」はどうかというと、
「3日以上続けて入院した場合」
となっていました。

B332-1保険2018-05-19

B332-2保険2018-05-19

そんな情報も知らずに旅行してきました。

契約時に
・「契約書」(本当は特定手続用海外旅行保険契約確認書)
のみ印刷し、

・「重要事項のご説明」
を読まなかったし、印刷もしなかったのが原因。

書面の契約ならば、保険会社から「重要事項のご説明」は送ってくるのですが、今回はネット契約だったため、自ら印刷しないと手元に残らない、ので注意すべきでした。

「重要事項のご説明」は、旅行にも携行すべき書類でした。

私は、旅行中、ゴールドカードは持参しているし、ゴールドカード付帯の保険の重要事項説明書も携行していましたが、補強のために加入した「特定手続用海外旅行保険」だけは、「重要事項のご説明」を読みもしなかった、というところに落ち度がありました。。。

もうひとつは、単身旅行では、保険利用は制限されるな、という点でした。
いくら旅行保険をかけても、本人が意識を失ってしまっては、保険が適用できない、という点ですね。

旅行前、我が子や私の兄弟には、加入している保険情報(契約書など)は知らせていきます(Lineの画像など)。

しかし、ツアーで参加した旅行であっても、添乗員も、周りの誰もが、私がどんな保険に加入しているか知らないでは、費用がかかる治療が受けられないのです。旅行会社は、「加入している、していない」程度の情報しか集めませんので。

これでは、すぐの対応は難しそう。やはり、身内と複数人での旅行でない場合は、保険に加入していても本人が意識あるときでないと、助からないかもしれない、と思いました。

ほかには、今回のフーテンさんの記事で、あらためて、治療費用はゴールドカードの付帯保険で、それぞれ合算できる、を確認しました。

私も、プライオリティパスを作るのだけのためにゴールドカードをもう一つ持つのを躊躇していましたが、治療費用が補強なら、もう一枚あっても良いかな、などと思うようになりました。


にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています