FC2ブログ

記事一覧

トルコ(3) エフェス遺跡とパレッカム







 アイワルクを朝7時半に出発して、昨日訪れた世界遺産「トロイ」に続き、世界遺産エフェス遺跡に向かいました。エフェスはアイワルクから海岸沿いに3時間175キロ南下、大きな都市イズミルよりもさらに南に位置します。

B365-1エフェ2018-07-18

現在の地名はエフェスで、地図などはエフェスで探しますが、遺跡はギリシャ語「エフェソス」で呼ばれることも多いようで、遺跡のガイドブックになると「エフェソス」と書いてあったりします。

ソルチャック(Selcuk)という町のアルテミス神殿跡に寄りました。

B365-0エフェ2018-07-19

アルテミス神殿は、「古代」世界の七不思議に数えられるそうです。何が不思議? そもそも世界の七不思議リストを作ったのは紀元前2世紀のアンティパトレスという人物だそうで、当時、巨大で立派な建造物に感嘆したものを、そう呼んだらしい。

18世紀には地中に埋まっていたが、大英博物館が発掘し、根こそぎお持ち帰りになったそうです。いまでは柱1本しか残っていません。

かつてはその柱の場所に立ち入りできたので、WEB上では間近から見た写真が多く掲載されていますが、いまでは柵が施され、立ち入り規制されていて入れません。だから遠くから写真撮影です。

なぜ、柱1本残っているの?と質問してみましたが、明快な答えは得られませんでした。英国隊が取りこぼしたものか、わざと1本置いていったものか。。。わからない。そうです。

さて、ちょっと立ち寄ったアルテミス神殿跡の後、ツアーおきまりの皮屋さんに寄り買い物を済ませた後、昼食をとり、その後エフェス遺跡観光となりました。

B365-2エフェ2018-07-18
B365-3エフェ2018-07-18
B365-4エフェ2018-07-18
B365-5エフェ2018-07-18

ここも2千年前はすぐ近くまで海だった、けれどいまは海岸線が後退して陸地になっている、という話は、昨日のトロイもそうでしたし、イタリアのポンペイでもそうでしたが、ガイドブックには「川からの土砂が溜まって」後退とあったし、日本語ガイドさんもそう説明していました。

でも、本当は地球規模の海の後退が原因なのでしょう。

エフェスは地中海文明の都市の1つで、紀元前8200年頃から居住跡が確認されているとか。ギリシャから移住したイオニア人が作った都市。

水道、トイレ、音楽堂、演劇場、図書館というものもあった。
B365-6エフェ2018-07-18
B365-7エフェ2018-07-18
B365-8エフェ2018-07-18

図書館は羊皮紙に書かれた書物1万冊以上の収納を誇っていたが、クレオパトラがエジプトに持ち帰ったとか。

また、この近くに聖母マリアが逃げてきて暮らしていた家があったそうな。

など、ギリシャ、ローマ文明に興味ある者や、キリスト教信者には、訪れなくてはならない地であるようです。ギリシャの遺跡もそうですが、昔の文明には驚かされっぱなしです。

その場所に新たにやってきたトルコ人が住んで、10世紀くらいから16世紀頃まで欧州一帯を支配していたのですから大したもんです。かつての文明を担った古代ギリシャ人はどこへ消えて無くなったのでしょうね。今のギリシャに住んでいる「ギリシャ人」とは違うみたいですし。

連日、訪れた地は34℃とか36℃でした。暑い中、ペットボトルの水を飲みながら歩き回りました。私のツアーでは毎日2、3本無料で配られましたし、バスも一人2席はありましたので、楽に休むことができました。

エフェスを観光した後、今度は2時間半、約200キロ移動して、世界遺産「パムッカレ」に。午後5時頃、到着。ここでも、ギリシャとは違って、会場はオープンしていました。
B365-9パム2018-07-18
B365-10パム2018-07-18
B365-11パム2018-07-18

「パムッカレ」といっても、石灰棚とヒエラポリス遺跡との2つの見所があります。しかし、石灰棚が世界遺産。ローマ時代の最も内陸の温泉地だったようで。その温泉に含まれる石灰が山の表面を覆い、白い大地ができあがったそうです。
B365-12パム2018-07-18
B365-13パム2018-07-18
B365-14パム2018-07-18

入場規制されていますが、靴を脱いで素足で入ることができます。監視員がピピーとやっています。
夕刻の西日を浴び、水分補給しながら、水の中に入るとヌルヌルして滑るので、忍び足で、一歩一歩踏みしめて歩きました。我々日本人観光客はともかく、外国の観光客は子連れ、赤子まで抱っこして危険な岩場を平気で歩くのには驚きました。

海水パンツを履いた人も多く見られます。温泉なんですけど温度は温水プールより冷たい。源泉はもっと高温なんだけど、下流に析出してはこまるので温度を下げてから流している、などの説明がありました。

夜7時頃、温水プール付きのホテルに泊まりました。5つ星ホテルだそうで。私は旅行の説明文も読まなかったので、海水パンツは持って行きませんでしたが、あったらよかったかしら。でも、疲労している年寄りは、さっさと寝て疲れを取った方がよいですよね。

良い子はさっさと寝ました。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています