FC2ブログ

記事一覧

次のTV選び 電気屋の広告は小さすぎて見えぬ







うちのTV(40インチ)はH21年に17万円台で購入したもの。その前のブラウン管TV(34インチ)もH11年に17万円台で購入したもの。

B387-1表2018-08-11

もし、いま17万円で買い換えるとして、何が買えるでしょう?

近所の電気屋さんで広告を見ると、韓国LGのなら17万円弱で65インチが買えます。(4K対応、HDR、地デジ2チューナー、外付けHDD録画対応、YouTube/WiFi対応)

これを国産パナソニック、SONYにすると17万円では49インチがせいぜいです。(4K対応、HDR、地デジ2または3チューナー、外付けHDD録画対応、YouTube/WiFi対応、倍速パネル)すべて5年保証。

国産メーカで60インチまで欲張るとPanasonic60インチは28万円(ネットでは21万)、東芝65インチが23万円(倍速なし)(ネットでは18万円)、SONY有機モデルで65インチが55万円となっています。

倍速パネルって何?
 液晶の残像を消す。遅延はさけられない。

有機ELテレビって何?
65インチで43キロが36キロになる。薄くなる、黒が出る。

この10年、20年で映像はディジタルと液晶によって進化は目覚ましいものがありましたが、それと引き換えに、テレビは薄っぺらになりスピーカーが入らなくなったことにより音響の質が大きく退化してしまいました。

映像の画面を大きくしたために前面にスピーカが入らなくなったのです。
我が家では大型のブラウン管TVから液晶に買えた時に、本当にがっかりしたもんです。

あとで5.1チャネルのサラウンドシステムを付け加えましたが、いつでも補えるわけでもありません。

さて、この数十年でテレビが安くなったわけでもない。。。常に新しい機能を付加して値段はますます高くなっている感じですね。

今日のテレビは、もういちど勉強し直さねば、時期モデルを買うこともできません。
どれどれ、電気屋さんの広告を見ようと。。。。。

見えない!
そうなんです。広告が小さすぎて見えない!!

昔、私の祖母は、新聞を読むのに虫眼鏡を使っていました。
そう、当時は、なんで老眼鏡使わないの?と思っていました。

しかし、今になってわかります。私は老眼鏡をかけているのに、見えない!!!
老眼鏡+虫眼鏡でようやく見えるのです。

B387-2TV2018-08-11.png

最近は一時的にだけ拡大して見るならば、
B387-3TV2018-08-11.png

携帯電話のカメラ機能を使って虫眼鏡の代用とすることもありますが。
(トルコの運転手さんにも笑われましたが)

というわけで、今日のテレビの性能や値段は、ネットの情報も含めて、勉強中です。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

セミぺんしょなーまん

Author:セミぺんしょなーまん
さらりーまん定年退職後、再雇用で働く半年金生活者。地方在住。定年退職後5年目。再雇用で月5日だけ働く怠け者。妻亡き後、家計簿をつけ我が家の財政を掌握、年金だけで生活できる見通を得る。うん、うちも一流の中流だな。休みはネット三昧、年数回の海外旅行にも出かける。4年間おひとり様生活満喫したが、今年から子が社会人になり再び同居生活。ほとんど専業主夫になりかけ、脱出策を模索中。
プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています