fc2ブログ

記事一覧

旅の思い出 - フィルムの画像取り込み







B39こだま22017-06-01
B39こだま2017-06-01
これは新婚旅行のときの写真

 昔の写真。アルバムを開いてみるなんて最近とんとしたことがありません。いま、押入れから取り出してみても退色したサービス版がならぶだけ。臨場感のかけらも有りません。

ところがです!パソコン上でみると実に鮮やかな色彩が戻って来る!いまや20インチ以上の液晶ディスプレー当たり前の時代。そこに細部まで鮮明に映った写真。こんなところでコーヒー飲んでいた、そうだ、二人であそこ歩ったんだと蘇る。そんな魔法なのです。

(1)お蔵入りのフィルム
 1984年から1年欧州で暮らしました。滞在中、たくさん写真を撮りました。カメラといえば35mmフィルム。綺麗に撮るなら1眼レフカメラ。しかし、カメラはでかく、重く、フレッシュは別に用意。

撮るぞ、と意気込まないと持って歩けない。旅の邪魔。一生懸命持ち歩き。三脚は持って行かず。自撮り棒もなし。24枚か、36枚とるとフィルムの入れ替え。
 
 何枚も撮るとお金もかかるので、必要最小限の撮影。シャッターチャンスを逃してばかり。後から旅の思い出を整理しようとすると、あの写真もない、この写真もない。暗いところではうまく撮れないし、撮れたかどうかはその場ではわからない。肝心の写真が撮れてなかったと後でショック。

今と違い、撮影は腕が必要でした。私はいつもピンボケ。妻からおこられてばかり。

 また、セカンドカメラとして、1コマを半分に(分解能を半分に)したフラッシュ付きハーフサイズの撮影用カメラ、リコーの「オートハーフ」を1980年から1990年くらいまで愛用しました。

スナップ写真ならサービス版程度はそこそこに写った。36枚撮りのフィルムが72枚撮りになり便利。

 そんな感じでしたが、1990年代後半から急激にカメラが電子化し、フィルムからメモリーに。パソコンに取り込んだ写真もいまではずいぶん多くなりました。しかし、それ以前の写真はお蔵入り。情報の断絶です。

フィルムは物置に邪魔者として眠り続けていました。何度か、墓場から呼び戻そうとしたことはあるのですが、いつも失敗していました。スキャナーのついたプリンター複合機も出て一時は読み込みをやったこともありましたが、何せ時間がかかりました。

読み込みスピードもデータの転送スピードもものすごく遅かった。なので、途中で挫折しました。現役時代ではじっくり取り組む時間が必要でした。

 時は流れて、2015年。ようやく、自由な時間ができた。そうだ、旅に行こう。そして、実際に行ってみると、デジカメの写真の整理にたどり着く。思い出しました。今まで、胸の奥にしまっておいた長年の怨念。お蔵入りのフィルムを。

 スキャナーのついたプリンター複合機には、何度か買い替えしているうちに、いつの間にか、フィルムホルダーは無くなっていました。時代が過渡期からもうフィルムなしの時代になっていました。そこで、フィルムスキャナーを買うことに。

(2) 道具立 フィルムスキャナ
1) KFS-500WHBK 貧乏人の銭失い
 2015年8月、ネットで調べてまっさきに入手してみたのは、廉価なケンコーフィルムスキャナー(¥4980、517万画素)というものでした。

分解能 3600dpi、色階調256?
 評判をみて「それなりに使える」とあったので、とりあえず、買ってみました。しかし、まもなく重大な欠点を発見。人肌がべったりとした感じでまとまな写真じゃない!これは、パソコンの普通のディスプレーで見るには不向きな性能でした。
B39-KFS500-2017-06-01.png

上はKFS-500の成果、カラーがべったりしている感じ。機械ものの写真は違和感なかったが人が写っている写真はまるでダメ。色階調が8bit 256しかないらしい。

2) EPSON GT-X830 ようやくまともに
 2016年3月、家電批評モノマニア

「やや高額ですが、読み取りスピードや解像度が高く、フィルムの対応の幅や補整機能も充実しています。フィルムスキャンの部分だけとっても、3万円以上のフィルム専用機とも十分張り合える機種です。」とあったので、購入。

 はじめは、場所をとるのでフィルムスキャナーのコンパクトなものを望んでいたのですが、結局、性能と価格の妥協点で、しぶしぶこれを買いました。¥ 26,242

B39-1スキャ2017-06-01

(35mm 等倍/6400dpi/1コマ ポジ92s, ネガ95s
35mmマウント 4コマ …スライド4枚
35mmストリップ 6コマ2列 …ネガフィルム2枚
読み取り階調 RGB各色16bit入出力

B39-GTX830-2017-06-01.png

GT-X830はさすが、人が人として見える。見事。16bit階調。

結果的には、満足できました。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 俺にも貸して!

> 家にも昔、撮ったフィルムが残っている。
> よかったら、メモリーに変換してもらえないかな・・・。
貸してあげるにはパソコンが無いと難しいです。
時間が結構かかるので、厳選したフィルム数本でしたらお手伝いできないことはありませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています