FC2ブログ

記事一覧

マネーガイドのもろ願望記事 年金は65歳からもらわない方がいい理由3つ







 ネットサーフィンをしておりますと、年金にまつわる様々な記事に出くわしますが、お金の専門家のふりをしてとんでもない個人的な願望記事を書いている人もいます。

年金は65歳からもらわない方がいい理由3つ
8月29日(水)18時30分配信 あるじゃん(All About マネー)小川 千尋(マネーガイド)

理由
1.60代・70代は若くて元気!まだまだ働ける!
2.現役時代に匹敵する長い年月、年金を給付し続けるのは大変なことを肝に銘じよう!

3.年金を繰り下げると増える!

1,3はとにかく、2番目は、「長期にわたって、現役世代からの仕送り(保険料)で年金を給付し続ける年金制度は成立しない」とし、「せめて、年金開始を遅らせて年金をもらう期間を短くするくらいのことは実行したいものです」と意見していること。

 バカ言ってんじゃないよ。

 年金制度が良くない、将来破綻するかもしれない、など誰しも考えていること。しかし、法律上の現行制度のもとで、受給が認められているということは、逆に言えば、制度に決められた範囲で自由に受給時期を選ぶのも、国民の権利。

 「破綻しそうなんだから、受給時期を遅らせましょう」などと書くこと自体、「マネーガイド」の仕事から逸脱して、単にこれから受給がはじまる高齢者予備軍の層に対して「受給を遅らせろ、さもないと「我々、若い世代の負担がますます重くなり迷惑だ」という「マネーガイド」本人の願望が、丸見えです。

 しかし、これでは、世代間戦争。

 老獪な「マネーガイド」なら、

 「長期にわたって、現役世代からの仕送り(保険料)で年金を給付し続ける年金制度は成立しない」だろうから、

 1.いつ破綻や減額にあっても良いように、その備えとしてできるだけ長く働き副収入を得ておきましょう
 2.年金繰り下げ選ぶと、将来減額にあっても、まだまだ高い年金が受給できますよ

 みたいな説明をするとこだと思います。
 世代間戦争を煽るようなこんな記事、いりませんね。

若い世代が、何故高齢者の年金を負担しなけりゃいけないんだ、と怒れば、高齢者だって、いままで年金保険料納めてきたんだぞ。受給は国民の権利だ。何が悪い。と反論するでしょう。

昔、つまみ食いした政治家はもうこの世にいませんしね。

 制度が悪けりゃ、若い世代が、制度改革すればよい。(できるかどうかは神のみぞ知るですが。)高齢者は、文句言おうが、受給額減らすよう改革されたって、法律ができれば、それに従うまで。

 しかし、現行制度をそのままにしておいて、「受給者よ、制度が成立しなくなるから、受給するな」と意見するのは、あまりに情けない「マネーガイド」じゃありませんか。

 所得税などのことでファイナンシャルプランナーが、「日本国財政がいま危機的だから、確定申告して税金の還付を受けるのはやめましょう」といっているのと同じ。そんな情けないFPなどいないでしょう?

払いすぎた税金の還付を受けるのは、国民の権利。

同じように、年金制度に基づき、長年収めた年金を、規定通り、受給するのは、国民の権利。

 「成り立たなければ」、法律を改定して成り立つようにすればよいこと。

それは、マネーガイドの仕事ではなく、政治的な議論。

それをごっちゃにして、「せめて、年金開始を遅らせて年金をもらう期間を短くするくらいのことは実行したいものです」などというのは、世代間戦争を仕掛けようとしている、悪意ある記事としか思えませんね。

 記事を書いたマネーガイド個人だけでなく、「あるじゃん(All About マネー)」編集部自身も、そんな記事許しているんだから、タチが悪いですね。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

セミぺんしょなーまん

Author:セミぺんしょなーまん
さらりーまん定年退職後、再雇用で働く半年金生活者。地方在住。定年退職後5年目。再雇用で月5日だけ働く怠け者。妻亡き後、家計簿をつけ我が家の財政を掌握、年金だけで生活できる見通を得る。うん、うちも一流の中流だな。休みはネット三昧、年数回の海外旅行にも出かける。4年間おひとり様生活満喫したが、今年から子が社会人になり再び同居生活。ほとんど専業主夫になりかけ、脱出策を模索中。
プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています