FC2ブログ

記事一覧

老後資金 増やすも、減らすも、維持するも、ひとそれぞれ。我が家は旅費に使う







 定年退職後、老後資金を取り崩しはじめると誰もが心配しはじめる。
 しかし、心配もほどほどに。

 目標をたて、計画をたて、資金十分と判断できれば、取り崩しの期間と割合を決め、その通りやっていけば、心配は軽減される。

 計画の結果、年金収入だけでは不足するよ、となったら、パートやアルバイトで働いて不足分をおぎなうか、単に節約にでて切り詰めるだけで大丈夫か、あるいは冒険に出て投資で増やすか。

 それこそ、千差万別。

 だから、定年後、金融資産を維持しろだの、増やせだの、取り崩しは定率が良いだの、余計な御世話。誰一人とて、同じ人はいません。。。。参考にはなるけれど。。

 さて、我が家の場合、定年退職後も再雇用で働きながら、現状の家計支出を把握し、年金生活の収入も分かった結果、65歳以降は「無職」で「まったく働かない」でも、暮らしていけることがわかりました。

 もっとも、私は単身者、「シングル」ですからね。
 妻が生きていたら、案外、65歳以降も働かされていたかもしれません。

 もちろん、妻が生きていれば、年金もそれなりに加算されたし、妻の年金もあったので、やはり、年金だけで生活はできたでしょう。

 しかし、夫婦揃って「十分なゆとり」があったかどうかはわかりません。あるいは、そのゆとりを作るために働いていたりして。。。

 いまのシングルの生活は、ある意味、不完全。家計上、帳簿上は今年4月から完全にシングルなんですが、それは4月から子供が扶養家族をはずれ独立したからで、実際は、親子2人世帯の暮らしです。

 だから、世間一般のシングルとは違って、炊事洗濯家事も2人分、ニートを世話する親のような生活でもありますが、家計上は、子は完全に独立しているので、私は自分の老後さえ面倒みれば良いことになりました。

 私の仕事は、年度始めに、途中でやめられれば9月にでもと思っていましたが、月に5日勤務はちょっと予想外にゆとりがありすぎて、やめられそうにありません。

結局、来年3月まで続けていくことになるでしょう。

定年退職後の一大イベントだった我が子の大学進学による教育費支出も完了していますので、我が家の家計では、金融資産の目減りの原因は、私が年に何回か行く旅費だけとなりました。

前にも書きましたが、旅費年100万円の支出としても、男の健康寿命71歳までとすれば、あと6年、600万円あれば良い。我が家は生活では老後資金の取り崩しの必要が無いので、老後資金は全てゆとりの生活の費用に使うことができます。

シングルの場合は1人分ですので、夫婦の倍は旅行できます。これがせめてもの慰め。

夫婦で旅行できることは私にとってうらやましい限りなのですが、しかたないので回数で満足することにします。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

セミぺんしょなーまん

Author:セミぺんしょなーまん
さらりーまん定年退職後、再雇用で働く半年金生活者。地方在住。定年退職後5年目。再雇用で月5日だけ働く怠け者。妻亡き後、家計簿をつけ我が家の財政を掌握、年金だけで生活できる見通を得る。うん、うちも一流の中流だな。休みはネット三昧、年数回の海外旅行にも出かける。4年間おひとり様生活満喫したが、今年から子が社会人になり再び同居生活。ほとんど専業主夫になりかけ、脱出策を模索中。
プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています