FC2ブログ

記事一覧

退職金「ご褒美に海外旅行」はいつも槍玉に挙げられるが







 ネットでは、退職金が支給されると、気が緩んで使い込み、その後心配になるというケースばかり紹介されています。

———————————————————————————————————————
 “退職金振込"で浪費暴走60代の自業自得 PRESIDENT ONLINE 9/17(月) 11:15配信


退職金「¥20,000,000」振込で気が緩んだ60代夫婦の誤算

・約2100万円の退職金と約850万円の貯金
・ローンの残高は1100万円
・雇用延長制度は利用せず
・定年後は「生活費を半分に」というプラン

・「豪華客船の旅」を楽しんできました。1カ月間の旅で、約230万円
・支出額は現役時代と変わらず月40万円ほど。月々の赤字1年分240万円
(「生活費を半分に」というプランは完全崩壊です。)

金融資産は2100-1100+850=1850万円あったのが、残り1330万円となり不安。

—> FPの相談の結果
・「不要な出費」を見直し、約10万円削減
・夫の再就職 毎月約16万円の収入
・1100万円の住宅ローンは一括返済
———————————————————————————————————————

なんだそうです。

そもそも、当初より、計画が甘いどころか、計画が「無かった」だけのこと。「豪華客船の旅」なんて、もってのほか。。。自業自得、と批判したいところですが。

しかし、この記事のように、退職金があると気が大きくなってついつい使ってしまう、「豪華客船の旅」なんて分不相応、みたいな例ばかり溢れていますが、本当にそうでしょうか?

ご褒美の「豪華客船の旅」が悪いわけではありません。いきあたりばったりな夫婦が悪いんです。でも、いきあたりばったりですから、すぐに定年後「働くことに方針転換」もでき、よかったじゃないですか。

それに、「豪華客船の旅」は無駄じゃあないんですよ。長年働いてきた人生のリフレッシュ、かえって、また働く気が出たじゃあないですか。

「お金だけ」に着目するとどんでもない例に分類されるかもしれないけれど、私から見れば、十分楽しんで、また働き始める、「幸せな夫婦」の例だと思います。

退職は人生の大きな節目、一家をあげてお祝いするのもごく普通の(理想の)姿。実際は、夫婦だけで「御苦労さん」も多いですけど。

「御苦労さん」の意味で、40年近く働いてきた人が「ご褒美に海外旅行」は、悪いことどころか、本当は良いことだと思います。それが「箱根一泊」になろうとも。
 
死ぬまで節約だけが老後ではありません。たまには夫婦そろって目の前のニンジンも必要なんです。
老後資金、使い込んだら、働けばいいんです。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

セミぺんしょなーまん

Author:セミぺんしょなーまん
さらりーまん定年退職後、再雇用で働く半年金生活者。地方在住。定年退職後5年目。再雇用で月5日だけ働く怠け者。妻亡き後、家計簿をつけ我が家の財政を掌握、年金だけで生活できる見通を得る。うん、うちも一流の中流だな。休みはネット三昧、年数回の海外旅行にも出かける。4年間おひとり様生活満喫したが、今年から子が社会人になり再び同居生活。ほとんど専業主夫になりかけ、脱出策を模索中。
プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています