FC2ブログ

記事一覧

私の退職金はどこに行った?







 我が家の退職金事情。

 一家の大黒柱だった私は、2014年3月に退職し、4月末頃に退職金が振り込まれました。今でいう一時払。当初、何が変わったか?というと銀行口座の残高の数字が増えただけ。。。

 世の家庭の大出費、ベストスリーといえば、1住宅ローン、2教育費、3親の介護でしょう。
 これらがなければ、あとは老後資金だけ。

 振り返ってみると、当時の我が家は、住宅ローンと親の介護は無かったのですが、教育費はまさに退職直後から大きな出費が始まりました。我が子が定年と同時に大学に進学したからです。

ただし、この出費はあらかじめわかっていたこと、一人っ子だったし、想定内、退職前の準備で十分間に合いました。

 それに、退職後も再雇用で働きました。1年目はフルタイムでしたので、休暇も現役時代と同じ。長期に休むなんて環境でもありませんでした。

また、妻も亡くなっていたので家事に追われ、またどこかに行きたいねと言ってくれる人もなく、淡々と過ごしてしまいました。

 そんなわけで、退職金は「塩漬け状態」?退職金は?といわれると、あるとも言えるし、ないとも言える。

 実は貯蓄には「これが退職金」、「これがそれまでの貯蓄」とは書かれておらず、どんぶり勘定になっているので、自信を持って「退職金には手をつけていない」などとは言えないのです。


 教育費だけでも1500万円は消えて無くなりました。けれどこれはそれまで蓄積した「教育資金」から。

 退職後2年目の夏にようやく国内旅行に出かけました。強いていえば、これが退職金使用の「事はじめ」だったかもしれません。

 車も10数年、23万キロ乗って買い換えました。退職後2年目の秋のことでした。

 普段使う道具の更新なんですが、年金収入だけでもガソリン代や車検などの維持費はやりくりもできましょうが、車の購入費用だけは現役でないと無理、年金収入だけでは捻出できません。

 貯蓄を取り崩して購入となります。

 ただ、当時も再雇用で働いていたので、これが退職金からの支出といわれると、???です。

 その後、4年半たった今に至るまで、旅費や自動車以外に大きな買い物はありません。

 旅費はブログで紹介しているように、私は男の健康年齢71歳までにせっせと旅行に出かけるべく毎年100万円を目安に消化試合をしていますが、これが退職金の末路、といえるかもしれません。

 4年半たっても「退職金」。では、10年たっても「退職金」と呼ぶの?
 さすがにそれはないでしょ。

 やっぱり、「退職金」は年月過ぎれば「ただの金」、貯蓄の数字の一部でしかなくなり、やがて見えなくなり、消えて無くなってしまうもの。

 貯蓄は減らなくても、退職金は確実に消えて無くなります。

 私の同僚にも「退職金は俺の金なのに、いつの間にか使われている」と吠えている御仁がいましたが、「俺の金」という意識を持たせるのが、「退職金」マジック。

 奥さんの側にしてみれば、いつまでたっても「退職金」といわれてはかなわない。

 いつまでも、あると思うな、親と退職金。。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

セミぺんしょなーまん

Author:セミぺんしょなーまん
さらりーまん定年退職後、再雇用で働く半年金生活者。地方在住。定年退職後5年目。再雇用で月5日だけ働く怠け者。妻亡き後、家計簿をつけ我が家の財政を掌握、年金だけで生活できる見通を得る。うん、うちも一流の中流だな。休みはネット三昧、年数回の海外旅行にも出かける。4年間おひとり様生活満喫したが、今年から子が社会人になり再び同居生活。ほとんど専業主夫になりかけ、脱出策を模索中。
プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています