FC2ブログ

記事一覧

お一人様でも連れて行ってくれる旅行会社のツアーのメリット・デメリット







 私はお一人様でも連れて行ってくれる旅行会社のツアー旅行が好きです。

 メリットはたくさんあります。
 なぜなら、お金を払い集合場所に行きさえすれば連れてってくれること。
 旅行の間はご飯を作らないですむこと。献立を考えないですむこと。適当なレストランに連れてってくれること。

 交通機関の世話をしてくれること。切符を手配しないで良い、乗り継ぎの時刻表を気にしないで良い。
 観光地の訪問先の入場券を並んで買わないで良い。訪問先のガイドブックを丹念に読む必要がない。

 訪問先までの道順を調べる必要がない。
 荷物番の心配もいらない。

さらに、お一人様なのに、初対面なのにもかかわらず同じツアーの参加者と話ができること。一人寂しくご飯を食べないで良い。一人で見知らぬレストランに飛び込む必要がないこと、見知らぬメニューを注文する必要がないこと。

デメリットは何でしょう。

 外国出張といえば、妻を連れて私が道案内。休みの日などは私が知らぬ街を案内、何かと疲れました。一方旅先ではもっぱら会議場で奥さんだけのツアーもありましたが、偉い人の◯◯夫人とかばかりで、妻は一番年下のぺいぺいの夫人、何かと気を使って疲れたことでしょう。
 
 そんなわけで、妻の生前は旅行会社のツアーに行ったことはありません。わずかにディズニーランド行きバスツアーに1回参加したくらいです。それ以外はもっぱら車で移動するか、旅行会社で乗り物やホテルを手配して個人で行く旅行。

 私は、どんなにか、旗をなびかせて添乗員が引き連れていくツアー旅行の楽チンさ加減をうらやんだことでしょうか。

 かつて、私の妻はツアー旅行が大嫌いでした。女性は群れると、犬や猿の集団行動よろしく、ボス決めや順位付けを始めます。一人存在しようとすると無視されるか、のけ者に。食事のテーブルやバスの席取りなど、もうてきめん。。。口の利き方ひとつ取っても、神経戦。そんなのが嫌いな原因でした。

 つまり、ツアー旅行で行くと、似た者通し、必ずボス的存在が現れて悩まされる、、ということがあります。

一度だけ、それを経験したのは、女性お一人様、しかも幅広い年齢層の参加が多かったオランダ旅行だけでした。この時は、男性のお一人様は私一人、女性お一人様多数でしたので。

ただ、最近、私がそれを感じないのは、私が参加してきたツアーでは、大部分、熟年カップルか、我関せずとひょうひょうとしたお一人様が多くいるツアーだったから、かもしれません。

まあ、こんな問題はあるとして、それ以外のデメリットといえば、

 自由時間が取れない。ここで休憩しよう、このカフェに入ろう、このメニューを食べよう、この店でちょっと小物を見よう、などという自由さがない。。。1日フリーという旅程はあるものの。。

 天気悪いから出発時間は少し後にしよう、ホテルで寝てよう、疲れたから次の訪問先はパスしよう、とかスケジュールが適当にできない。

 レストランでの食事もいつも定食ばかり。好みのものが注文できない。。

 空港では保安検査や入出国審査などで全員通過するまで待たされる。おかげで免税店やラウンジにいく時間がなくなることがある。

などでしょうか。

 さらに、ツアーはお金がかかりすぎ、という方もおられましょう。

さて、あなたはメリットとデメリット、どちらに重きをおきますか?

 私はいまのところ、ツアーで満足しています。なにせ、長年のブランクを経て、定年後の旅行を始めたばかりなのですから。

 考えてみれば、あそこには行きたいとは思うのですが、そこから先はあまり希望はありません。

私はあそこに行ったらあれも食べたい、これも食べたい、とか、あの店でこれも見たい、あれも見たいといった希望や野望はありません。もちろん、食べ物も好き嫌いは多いのですが。

 ツアーの食事は満足いかないものもあるとは思いますが、万人に無難なレストランを選んで、しかもはじめて行くところは名物料理を出してくれますので、冒険をしないでもそれなりに満足できます。これに当地のビールでもつければ最高です。

 そのうち、ツアーに飽きたら、今度はカンボジアやタイ、ハワイなど、じっくり滞在して楽しむリゾート型の海外旅行にでも移行するつもりです。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト

コメント

No title

学生時代から完全一人旅(トマスクックとユーレイルパス、国際学生証)、会社つとめの頃の数回の海外出張も一人か数人でしたので、ツアー旅行は還暦を過ぎて4回経験したのみですが、楽ちんですねー。
もうこの歳になると、20キロのスーツケースを引きずって石畳の道を歩き回る元気も、
乗り継ぎ便の遅延など、とっさの事態に対処するにも広大なハブ空港を走り回る体力もありません。
言葉には困りませんが、どこへ行くにもいちいち並ばなくてよいし、出入国審査も添乗員が「日本の観光ツアーだ」と言えば、すんなりです。
見所をバスで無駄なく巡れるのも時間の節約になります。

>女性は群れると、犬や猿の集団行動よろしく、ボス決めや順位付けを始めます。一人存在しようとすると無視されるか、のけ者に。食事のテーブルやバスの席取りなど、もうてきめん。。。口の利き方ひとつ取っても、神経戦。

これまで3回はお一人様追加料金を払い、直近の1回はお一人様参加限定の旅でしたが、上のような経験は一度もなく、皆さん良識ある方ばかりでした。
ちょっとしたことは助け合いましたし、何の不快な思いもせずにきました。
それどころか、必ず気の合う人に出逢えて、その後交流している人もいますよ。

>自由時間が取れない。ここで休憩しよう、このカフェに入ろう、このメニューを食べよう、この店でちょっと小物を見よう、などという自由さがない。。。1日フリーという旅程はあるものの。。

そうですねー。出来るだけ、どこかで半日フリータイムの取れるツアーを
選ぶようにしています。
行きたいところは大体巡ったので、次は70歳まで、一都市滞在型の
フリープランにしようと思っています。

Re: No title

熟年の旅行になると、楽チンは重要ですね。

> >女性は群れると、....神経戦。
> 上のような経験は一度もなく、皆さん良識ある方ばかりでした。...必ず気の合う人に出逢えて、その後交流している人もいますよ。
気の合う人が見つかるのは良いですね。人によっては言葉に棘を感じる人が1割くらいはいるのではないかと思っています。

> 行きたいところは大体巡ったので、次は70歳まで、一都市滞在型の
> フリープランにしようと思っています。

私は、もう少し、あっちこっち、行ってみようと思っています。
お互いに、熟年の旅行、楽しみましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

セミぺんしょなーまん

Author:セミぺんしょなーまん
さらりーまん定年退職後、再雇用で働く半年金生活者。地方在住。定年退職後5年目。再雇用で月5日だけ働く怠け者。妻亡き後、家計簿をつけ我が家の財政を掌握、年金だけで生活できる見通を得る。うん、うちも一流の中流だな。休みはネット三昧、年数回の海外旅行にも出かける。4年間おひとり様生活満喫したが、今年から子が社会人になり再び同居生活。ほとんど専業主夫になりかけ、脱出策を模索中。
プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています