FC2ブログ

記事一覧

お金持ちでも無縁でないクレカのリボ枠とキャッシング枠






 クレジットカードは後払い方式の信用カードといいました。電気やガスの使用と同じようにあくまでも「後払い」。1回払いでちゃんと決済できている間は「借金」には数えられません。ところが、保有しているクレジットカードの契約内容をよく調べてみると、ちゃんと、借金の機能が備わっています。

 私はこれでも整理した方なのですが、現在9種のカードを持っています。(最近ファミマカードだけは存在価値を失い休止状態にあります。それ以外はそれなりに価値があります)
まずは、ショッピング枠、リボ枠とキャッシング枠を見てみましょう。

 1)通常の買い物(ショッピング枠)
 通常の買い物(1回払い)は、利用料は店舗側が負担するので、利用者は無料です。魔法の言葉は「一括払い」「1回払い」です。(これはどうも日本国内だけのようで。海外で利用するときは聞かれない。逆にこんなふうな借金をする設定は日本だけのようです)

 2)分割払い、ボーナス払い
 同じショッピングでも返済方法に分割払い、ボーナス払いを取ると、金利自己負担となります。イオンのような大型スーパーではサラリーマンでボーナス先取りの買い物などを想定し、セール時に分割払い、ボーナス払いはカード会社が金利負担と宣伝することも多いが、一般には金利自己負担ではやはり金利高い。

 3)リボ払い
 究極の分割払いのようなもので、金利自己負担があり月々の返済額を小額に抑える方式です。リボ払いの返済額はカード作成時に自動設定の額が低く設定してあるのが普通。

私の契約内容を見ると、リボ払いは基本10万円の場合月々5000円とかの返済が多く、これでは利子で大変です。あまりにも小額すぎて、気付かぬうちに借金が雪だるまになった話が多い。

リボの金利が高く、毎月のチェックを怠る人が多い、など。カードにリボ払い選択の歯止めはないので、使用時には常に「一括で」「一回払い」と言い続けることが肝要だし、請求書あるいはWEB請求書に目を通すことが重要。

B45VISAゴールド2017-06-09


 私は借金は嫌いなので「リボ払い」は使いません、のはずでした。例外は、「三井住友VISAゴールドカード」。リボ払いをこちらから申し込みました。三井住友VISAゴールドカードは年会費10800円を半額にするために「マイペースリボ」なるものに契約する必要がありました。

ただし、同社のマイペースリボは、リボの返済額をショッピング枠と同額に設定できるので、私の場合150万円までの買い物はリボ払いにならない、つまり常に一括払い(1回払い)という設定です。この変更は電話申し込みのみ受付で、リボ利用には審査があるとのことでしたが、セミリタイヤでも難なく通りました。

B45ファミマ2017-06-09

 なお、同じクレジットカードでもディフォルトがリボ払いというものが、今は使っていないポケットカードのファミマTカード。

コンビニ用に作ったのですが、カードが発行されてからもしばらくは使わず、リボ払いを回避する方法を探し出し、ファミマ端末から「ずっと全額支払い」に変更して、自宅に戻りPCで設定内容を確認してから、ようやく使用開始しました。

面倒なカードでした。その後も、カード会社からリボ払いに変更するとTポイントくれるなどのキャンペーンで誘惑をしてきましたが、Tポイント欲しさに一時的に解除するなど危ないので危険回避のため応じませんでした。

 同じ会社のポケットカードP-one WIZ はさらに1%の請求額割引、0.5%のポイント等もおこなっておりなかなか魅力的で、「ショッピングリボ払い専用カード」「ずっと全額支払い」も選択できるとあるのですが、1.5%還元の原資はリボ払いユーザーからの利益と考えると、いまさら危なくて申し込みもできません。

 4)キャッシング
 お金を「借りる」ことで、本来、お金が入った銀行口座のキャッシュカードを持っている人には不要な機能に思えます。なので、クレジットカード作成時には、キャッシングのチェック欄がある場合には必ず「不要」に印をしてきましたが、

それでも半分のクレジットカードにはその設問も無くキャッシングが強制的に付帯されていました。キャッシングを0とする設定ができれば良いけれど選択の自由がないカードもあるのです。

 ところが、海外旅行で外貨をATMから引き出す「海外キャッシング」には「キャッシング枠」が必要なことに最近気づきました。海外での外貨キャッシングは短期の旅行では帰国後一括返金することで、キャッシング手数料の方が、外貨現金購入手数料よりも安く済むことが多く、結構利用されているようです。

 ただ、年寄りのリタイヤーやセミリタイヤが、慣れない海外ATMでリスクをおかして現金を引き出し、帰国後早期返済手続きする面倒を踏んでもその差千数100円だとすると、短期旅行に必要な小額の外貨は成田空港などで両替した方が間違いなく安心できるのも事実です。

なので、あくまでも、いざという時のキャッシング機能だけを残しておき、普段は利用しない、というのが王道かと思います。

 このキャッシング枠、わが国では最近になって法改正があり、キャッシング利用(枠)合計が「年収の1/3以下」という総量規制が始まったとのことです。私の場合、不本意にも9種のクレジットカードのうち、5枚にキャッシング利用枠が付いており、同じ会社の枠は1つと考えると、4種合計210万円分の枠があることになります。

私の年収はセミリタイヤで500万程度、リタイヤでは270万円程度なので、すでにオーバー?このまま現状のカードを保有する限り問題はないはずですが、今後新しいクレジットカードを申請したりすると、総量規制により発行を制限される事態も起こるかもしれません。

 別段、キャッシングは利用したこともなく、今後も国内では利用しないはずですが、海外では利用するかもしれません。海外ATMでは、三井住友VISAカード(PLUS)さえあれば良いとも思えますが、実は海外、特に欧州で弱いと思っていたJCBブランドのイオンカードやホンダCカードでも、裏面にある(Cirrus)はMASTERカード提携海外ATMで利用可能とわかり、意外と利用できるのかなと思っています。

B45海外ATM2017-06-09

 あるいは、クレジットカードのキャッシングではなく、銀行系のデビットカード付きキャッシュカードを新たに作り、海外ATMでキャッシングする手も残されています。これは自分の口座預金ですから総量規制とは無縁です。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています