FC2ブログ

記事一覧

まるで詐欺みたいな日本ユニセフ協会の郵便物きた







 はじめてではありませんが、また来ました。

 ニューヨークから来たような郵便物。消印らしきもの(印刷されたもの)
B471-1ユニ2018-12-08

でもおかしいんです。
差出人はユニセフ。
ところが、この郵便物、明らかに日本で投函されたものですよね。

中をみると、ユニセフじゃなくて、日本ユニセフ協会、東京都港区のユニセフハウスとあります。
B471-2ユニ2018-12-08

じゃあ、ちゃんと、封筒に「日本ユニセフ協会」名乗ればいいじゃないですか。
そもそも、ユニセフは個人にダイレクトメールなど出す機関ではありません。

もっと、恐ろしいことは、中にある振込用紙です。

私の住所、氏名だけじゃなく、電話番号まで、印刷されているんです。
なぜに、私の電話番号までが、この協会に渡ってる??

思い当たるのは、阪神大震災のときに、日赤へ寄付金を振り込んだことくらい。
日赤とユニセフ、別組織のはずですが。

しかし、一旦名簿に掲載されてしまうと、執拗に、追いかけてくるものです。

不動産投資とかは、会社関係から住所録が流出し、さんざん、電話がかかってきた時期もありましたが、いまはほとんどありません。いまは、光電話とかがときどき電話がかかってくる程度。

郵便物は、時代的に、ほとんど下火になっていますが、たまに来ます。

しかし、許せないのは「日本ユニセフ協会」。
なぜに郵便物をニューユークから送りつけたような演技をせねばならない?

ちなみに、WEB上では、「日本ユニセフ協会」に募金した場合、税制上の控除が受けられる「組織」として認められているが、

一方でユニセフとは独立した日本国内の「民間組織」であり、募金は「81%」がユニセフに「送金」され、19%は国内組織の「運営費」として消化されてしまう。

このことから、WEB上では批判の対象となっています。
確かに、19%はとりすぎだよね。。。

それにしても、なぜに、私の電話番号までわざわざ印刷してくるんでしょう。

組織が巨大化すると、ダイレクトメールも業者に発注し、名簿から住所氏名、電話番号まで印刷させ、発送させる。。。

もしかしたら、クレジットカード番号を記入したら、次回から、その番号まで印刷してくるかもしれません。。。まさか?というほどに、今時のデリカシーに欠けたダイレクトメールだと思うのです。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています