FC2ブログ

記事一覧

家計簿事始め 2019年 無職になるための家計簿改造?







 毎年、年初めにエクセルで自作の家計簿を更新します。年ごとに作っているのでファイルを更新するのです。

昨年、その概略をブログで紹介しました。
221. 家計簿の更新作業 安心を得るための道具の手入れは欠かせない(2018.1.7)

また、家計の支出の仕組みに「大きな構造変化」があると、家計簿もそれに適用できるように「改造」を加えたりします。

昨年は、我が子の就職、「家計からの独立」がそれでした。

教育費用や生活費まで一切を「私の財布から全て支出」していたものが、「私が建て替える部分」のみの支出となり、また「食費や光熱費の一部負担」する生活費を入れてくれるようになりました。

323. 4月から扶養家族が社会人になったのにともない家計簿を改造中(2018.5.8) 

さて、今年は2018年の家計簿を更新して2019年版を作るにあたり、少し「改造」しました。

というのも、今年は私が3月末で「再雇用嘱託」をやめて、完全な年金生活に入るからです。
・給与、賞与がなくなる —>給与明細の表を4月から削除

 これまであった本給支給額とか、職場互助会費、非課税通勤手当、所得税、住民税、等が無くなります。

 所得税は給与の一定割合が差し引かれ、住民税は前年度の税額が12等分されて差し引かれていました。実際には給与は社会保険料の控除が大きいため嘱託の給与の場合はゼロでしたが、住民税はしっかりと取られていました。

 所得税は、昨年度は給与とは別に企業年金基金の給付の際に源泉徴収があったため、給与の所得税がゼロでも実際には多く差し引かれ、確定申告で若干戻る形でした。今年は、これに厚生年金の給付に所得税の源泉徴収が始まる予定です。

 一方、住民税は給与の源泉徴収で全て支払っていました。
 さて、これが今年の4月からは給与がなくなるので、住民税は何処に?

 多分、今年の住民税額が決まる6月からは、住民税は市町村の健康保険料と共に厚生年金の天引きになるんだろうと思われます。

 ただ、給与に均等割していた今年4月、5月分の住民税は、どこからも支払われないので、きっと請求書?納税書?が市役所からやってくるものと思っています。

・給与明細の各項目を4月以降削除
・4月以降、新たに厚生年金に源泉徴収として、所得税のほか、健康保険料、介護保険料、住民税を加える。

 この辺を家計簿に反映するため、「改造」しました。

 ただ、いつも、家計簿をつけているとあちこち不具合が見つかるので、その都度手直しをしているのは言うまでもありません。。つけながら成長していく、あるいは老人の家計に合わせて老いていく家計簿です。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています