FC2ブログ

記事一覧

台湾旅行の総まとめ 費用、歩数、トラブル、食事など







1.かかった費用は?

B504-1表2019-01-26

旅行の経費は全部で16.6万円、意外と散財しました。

今回、外貨は東京駅地下で両替した1700元(5810円)を持参、現地でガイドから1万円を両替して、2700元、合計4400元。使用したのは4123元。277元残りました。また、日本円で直接支払ったのが4000円。クレカで1660元(6243円)支払いました。

食事などの飲み物代はその場で現金(元)で支払い。ビールは日本の昔の大瓶で150元、600円相当が相場でした。

今回のツアーでは、E-チケットは巻き上げられることはありませんでした。
成田から持って行ったWIFIレンタルは、なんと打ち合わせ悪く姉もレンタルしていました。無駄な出費。

2. 毎日の歩数 

普段、日本では1日あたり3000歩しか歩かない私ですが、毎日7000歩から11000歩歩いた勘定になりました。

B504-2図2019-01-26

この中で3日目(1/16)の歩数は、補正したものです。計測値は13696歩でしたが、この日は大半がバス移動の日でそんなに歩いていない。。

実は、この日、バスは山越え、さらに道路も悪く舗装がガタガタで大揺れ、特に縦に振動していました。私は後部座席にいたのでてき面に影響を受けました。座っていて疲れました。。。

で、前方座席に座っていた姉の歩数と比較すると同じiPhoneなのに倍近く計測していたんです。こんなこともあるのですね。歩数計も、時として誤った測定をすることがあるという教訓でした。

3. トラブル
 記事中には書きませんでしたが、財布の盗難にあった方(夫婦参加のご主人)がおられました

 4日目、鉄道で花蓮駅から台北駅へ移動し、そこからバスで台北市内の中正記念堂で衛兵の交代式、土産物屋を挟んで、さらに、「忠烈祠」で衛兵交代を見ました。

その「忠烈祠」に入るときに財布が無いと騒いでいました。でも、どうやら台北駅あたりか、中正記念堂あたりで無くなったようです。

添乗員さんやガイドさんが知ったのは「忠烈祠」を出たとき。財布にはクレジットカードが入っていたそうで。すぐにカード会社に連絡した方が良いですよ、と添乗員さんに言われても、本人は「日本に帰国してからではダメですか」などとおっしゃっています。。。

 添乗員さんは、国内で誰か連絡してくれる人はいないんですか、などと聞いています。
見るに見かねて、私が口出し「普通は、本人が直ちに連絡です。。。」、「カードは何枚入っていたんですか?」「2枚です」「じゃあ、両方に」

 それから、ご主人は決心したようで、添乗員さん、ガイドさんに手伝ってもらいながら国際電話をかけて、ようやく連絡が取れたようです。一つは楽天カードだったようで。連絡をとったときは、2時間前に35万円の使用の形跡があったが、限度額オーバーのため使用できなかった、という話があったそうです。

 財布は当初、ご本人も紛失か盗難かわからなかったそうですが、これで本当に悪意ある者に取られたようです。ご主人、カバンの外側ポケットに財布を入れていたそうで、大きなカメラを持って撮影している人でしたので、カバンへの注意はおそろかに。。衛兵交代などの人混みでは防備が弱いですね。
  
 というわけで、クレカは使用停止できました。最終日に台北警察へ盗難届を提出。添乗員さんが2日かけて頑張って書類を作成してくれました。いや、大変ですね。でも、被害は現金だけで済んだようです。

 台湾では大陸からの出稼ぎスリも来ているようですから、人混みではご用心といったところです。

4. 食事
 ツアーの食事は特に不満はありませんでした。いや、返って親しみやすい味付けで食べやすかったかもしれません。

 1/14 成田では昼乗り込み、機内食1回目(昼、兼夕食、カレー)出る。それなり。夕方着くがホテルで成田から持参したおにぎりを食す。
 1/15 朝食はビュッフェ。台湾のおかゆがつく。昼食、日月潭近郊の町のレストラン。10人程度の円卓で、いろんな品を少しづつとる中華スタイル。今回は「田舎料理」だそうで。

B504-3飯2019-01-26

B504-4飯2019-01-26

B504-5飯2019-01-26

夕食は高雄市内レストランで海鮮料理。と、言っても海老、イカ、シシャモ、ムール貝などでしょうか。大したことございません。

 11/16 朝食はホテルでビュッフェ。昼食は台東市内レストラン、郷土料理。野菜の天ぷら、小松菜の炒め物、豚肉や鶏肉の炒め物くらいかな。夕食は花蓮ホテルレストラン、広東料理だそうで。鴨肉、エンリギ、麻婆豆腐、酢豚、白身魚、あさりのスープ、チャーハンなど、ここでデザートにスイカ、オレンジ。

11/17 朝食はホテルでビュッフェ。昼食は電車内で中華弁当。結構食べられた。

B504-6弁当2019-01-26

夕食は九份のレストランで郷土料理。ここでも鴨、サーモン、イカ、麻婆、豚の角煮、スイカなど。

11/18 朝食はホテルでビュッフェ。昼は台北市内レストランで小籠包。何種類かの小籠包と、チャーハン、スープなど。

B504-7飯2019-01-26

夜はエコノミーの機内食。

 朝食は私はパン食なんですが、台湾のホテルビュッフェは、おかゆや暖かい豆乳が出る一方で、パンがなんとも薄い食パンのみ。

B504-8飯2019-01-26

1軒目はジャムはあってもバターはなし。コーヒーも紙コップではね。カフェオレを作るのにホットミルクがないところでは、豆乳を入れたりして。。。スプーンがなくかき混ぜ用に木の棒だったり。バナナがなかったり。

3日目でようやくバナナにありつけました。「郷に入れば郷に従え」、おかゆを食べる分にはなんの支障もございません。
 
オレンジジュースはどこも工場でつめた市販のジュースでやや薄かった。

本当は台湾は果物の天国。ガイドさん曰く、「スイカは1年中取れる!」。マンゴーも、パイナップルも。バナナも。いたるところに植わっている。米も1年に2.5回は取れる。我々は「へー」と感心するばかりです。

しかし、日本と国交断絶以来、台湾バナナはほとんど見なくなりました。朝、食べて見ましたが、うーん、違いはよくわからなかった。。。。昔は美味しかったんですけどね。やはり、東京のバナナ問屋が地下のムロで寝かせる技術がうまさを引き出しているのかもしれない。。。

5. おまけ 喫煙事情

事前に調べた限り「歩行禁煙」は法律で決まっているそうです。しかし、立ち止まって吸うのは可。。。こういうところに注意すれば、台湾は喫煙可でした。

 国営の施設、公園などは敷地内は禁煙マークが出ていました。それ以外は屋外はどこでも吸えました。

 故宮博物院や台北桃園国際空港でも、ちゃんと喫煙所はちゃんとありました。
 海岸でも三仙台は禁煙マーク。ここはすごい大風のところなので、多分、タバコを吸うと山火事になるかも。

また、花蓮の山奥の国立公園、ここも禁煙マークでした。罰金1万元(4万円)と書いてあったような。

B504-9禁煙2019-01-26

ルールを守りましょう。
台北市内の免税店屋外、そこら中、歩道にも禁煙マークが。横断歩道を渡って向こう側に行かないと喫煙できないか、と思いきや、柱のかげに喫煙所がありました。

B504-10喫煙2019-01-26

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています