FC2ブログ

記事一覧

今年の確定申告の見込み 子が独立しても所得税変わらずと思っていると地方税が劇的に増える







 まだ勤務先の源泉徴収票が無いのですが、私の家計簿の積算能力を利用して、昨年の給与収入の数値を得て、国税庁の確定申告のホームページで試算して見ました。

 私の場合は、「今年も」絶対確定申告しなければイケナイ人に分類されています。
なぜなら、給与所得の他に年金所得(厚生年金、企業年金、個人年金)があり、給与と企業年金は源泉徴収されているが、厚生年金と個人年金は源泉徴収されていないから。

試算の結果、単に給与と年金収入だけ計上すると、納付する金額5700円、つまり源泉徴収だけでは5700円不足と出ました。

B505-1税2019-01-26

いやいや、払い過ぎだろう!

そこで、所有株式や国債の配当金を計上してみました。配当金は分離課税を選択し、税率20%強を源泉徴収されています。配当金はたったの48230円です。

これを入れますと、「還付される額は、4069円です」と、出てきます。

B505-2税2019-01-26

やったー。今年も納税しなくてすみます。

(本当は、事前に払い過ぎなんです)

ちなみに、平成29年の収入は373万円、寡夫27万円控除、扶養家族一人63万円の控除あり、所得は214万円、還付金26902円でした。

平成30年は、私が月8日の勤務から月5日の勤務へと働き方を減速させたので、給与が減りましたが、一方で65歳の誕生日を迎えたため年度途中から年金は満額支給になりました。よって、収入はわずかに減った程度です。

一方、所得税の控除の点では、平成30年は子供が家計から独立したため、寡夫控除や扶養控除90万円が無くなり、税金が高くなる恐れがありました。

ところがどっこい!
給与が約160万円から120万円に減らしたので、給与の収入は94万円から55万円代へと劇的に減り、結果、所得は214万円から一挙に164万円に減てくれたおかげて、所得税も安くなって、今年も還付金、4069円を得ることができました。

平成30年の収入は357万円と前年に比べて16万円しか減っていない、また扶養家族なしになったにも関わらずです。

65歳になったら年金330万円未満の所得計算は控除額が70万円から120万円と増えるのですが、私の場合その効果は限定的で、年金収入は196万円から218万円とわずかに増加、所得は115万円から104万円とわずかに減少したにすぎません。

ですから、今年は過渡期の収入。徐々に給与収入を減らして来たおかげで、税金も軟着陸できたといった感じですね。やれやれ。

年金収入は昨年は年度途中で誕生日を迎えたのでフルには受給していませんので、今年はさらに増え、年金所得も上がります。ただ給与所得はゼロになる見込み。

確定申告しましょ。

確定申告を放置すると、納付する金額5700円の滞納となってしまいますが、確定申告によって、還付金4069円をもらうことができるわけです。

しかし、安心してばかりはいられません。
国税地方税のエクセル自作計算シートを見ていたら気づきました。

国税はこんなもんとぬか喜びしていたら、実は、子が独立し寡夫控除や扶養控除が無くなる効果は、地方税に劇的に響いていたんです。

地方税は1年遅れでやってくる。H30年は地方税は6万5千円くらいでしたが、今年は10万円に跳ね上がります。3万5千円も増えているじゃないですか。しっかり取られますね。

この額、さらに2年後の67歳の年にはようやく8万5千円程度に落ち着く見込みです。

まあ、退職後、再雇用1年目は45万円も払っていたのに比べれば、可愛いもんです。。ぐすん。。。。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています