FC2ブログ

記事一覧

確定申告 「あ、な、た」は「必要ない」を信じてはいけない 企業年金受給者は永遠に確定申告決定!







 私は厚生年金のほか、企業年金を受給しています。
 企業年金は、私の場合は、元の厚生年金基金で、厚生年金部分を返上し、企業年金基金と姿を変えたもの。

 昔でいう、3階建て部分の受給をしています。
 この年金、平成26年から受給し始め、平成28年からは所得税の源泉徴収が始まりました。

 さて、昨年中に私も65歳になり、厚生年金も満額支給となりました。
 そして、今年からいよいよ所得税の「源泉徴収」も始まります。

本日、厚生年金のハガキが到着。支給額とともに、源泉徴収額もしっかり印字されていました。

ここで、問題。

今までも、企業年金の源泉徴収は「払い過ぎ」で、毎年、確定申告で「還付金」をもらっていたのに、今度、厚生年金で「源泉徴収」があると、もっと「払い過ぎ」になるじゃないですか!

きっと、企業年金の源泉徴収は、何かの申請をすれば、調整してくれるに違いない!
ということで、企業年金の窓口に電話しました。。。

答え。。。。

————————————————————————————————————
そのような手続きは、ありません。一律、7.6575%の源泉徴収は、変わりません。
確定申告してください。
———————————————————————————————————————

はあ? そうなんだー。

ネットでも調べてみました。
あちこちに、書いてありました。

————————————————————————————————————

基金から受ける年金は、所得税法上「公的年金等」として雑所得に該当しますが、企業年金は「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を提出できない年金とされていますので、

各期支払いの都度、年金額に係らず一律7.6575%(基準所得税+復興特別所得税)が源泉徴収されます。

この源泉徴収された税額と1年間の収入に基づいて算定された税額との差額は、確定申告により精算されることになります。
————————————————————————————————————

見事だな。

払い過ぎじゃないか。。。。
しかも、取り返す仕組みは確定申告のみ。

なのに、「取られ損」の疑念を残さぬよう、

国税庁「公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、その公的年金等の全部が源泉徴収の対象となる場合には、所得税等の確定申告は必要ありません。」

とあちこちに愛想を振りまいています。

「あ、な、た」は「必要ない」

と信じ込ませています。

確かに取る側は「必要ない」。。。
取られる側は、「必要」なんです。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています