fc2ブログ

記事一覧

健康管理 スマホを使う老人なら近頃のブルーツース通信血圧計と体重計が簡単便利(その1)







 私は血圧計も体重計も前から持っていました。上腕型血圧計。

B518-1血圧2019-02-12

 しかし、血圧計、腕まくりしないと使えないし、めんどくさい。
 最近ではとんとご無沙汰。

 医者に行くと「測ってますか? 測ってますよね。。」と怒られる、脅される始末。

一方、体重計、風呂に入る前にスイッチを入れて乗ります。これは、毎回、乗るのが習慣になっています。

B518-2体重2019-02-12

しかし、年寄りのこと、測った数値はすぐに「忘れます」。乗ったときには、「ああ、昨日より◯百グラム増えた、減った」と感想を漏らし、いろいろな反省までするのですが、

何しろ、「数値」を覚えていないくらいですから、当然、いろんな反省や今度こうしよう、などもすぐに「忘れます」。

つまり、健康管理には何の役にも立っていません。

 そんなことを繰り返していましたが、昨日、同じ歳のユージンUが、体重計の成果を見せました。
正月明けに体重が私と似たり寄ったりの90キロ近い値を示していたものが、普段の生活に戻り、適度な運動と食事制限?で、80キロを割っていました。

彼が使っていたのは、アマゾンで仕入れた中国製の安物体重計。

B518-3体重2019-02-12

安物ですから、表面上は体重しか表示しませんし、スイッチも見えません。
しかして、その実態は?

スマホにアプリをダウンロードすると、体重や脂質などいろんなパラメータが「自動で」記録され、手元で見れるのです。

B518-4体重2019-02-12

いままで我が家で使っていた体重計は国産の多機能型、いろいろ測れたんです。ただ、スマートフォンへの通信機能だけはなかった。

購入時に「通信機能付き」はとても高価だったので、紙にメモする、などというたわごとを思い浮かべ、余分なお金を渋ってしまいました。

その結果が、メモをサボる年寄りにには「役立たずの体重計」と成り下がったのです。それでも1万円以上したんじゃないでしょうか。

ところが、今や、中国製の通信機能付き体重計は何と2000円台。あまりの便利さを友人から見せつけられ、思わず買ってしまいました。アマゾンで。

昨日、注文し今朝届きました。
自動記録がミソです。

データを蓄積すれば、スマホの別のアプリで、グラフも見れます。まだデータ1点しかない(本日分)ですが。

B518-5体重2019-02-12

つまり、記録することを「忘れる」ことがなくなり、ふと気づいて体重の傾向をグラフでみれば「上がっている」「下がってる」だけでなく、づっと履歴を見れるので、

健康状態、食生活が把握でき、「もっと摂生せよ」とか、「もっと運動せよ」とかに、じかに結びつけることができるものと「信じています」

さあ、やるぞー。。。
(血圧計へと続く)

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています