FC2ブログ

記事一覧

ハンガリードナウ川で観光船転覆事故韓国人多数の死者







ニュースを見ていましたら、
ドナウ川沈没 追突の瞬間映像
2019/5/31(金) フジテレビ系(FNN)529

韓国人観光客33人を含む35人が乗っていて、少なくとも7人が死亡、21人が行方不明となっている。

大変な事故が起きました。橋桁の下に入るとき、小型観光船の後方から来た大型観光船が接触、前方の観光船は横倒しになりわずか5秒くらいで沈んだようです。

ハンガリーにもいつか旅行に出かけようと思っていましたし、私もあちこちで船に乗っていますので、この事故、人ごととは思えません。まずは犠牲者にはご冥福をお祈りします。

 大型船の船長(ウクライナ国籍)が逮捕されたと報じられています。地元船長じゃなかったのも驚きですが、一昨年旅行したスペインで最初から最後まで観光バスを運転してくれた人はウクライナ人でしたし、いまでは出稼ぎだからという理由だけで安全性が損なわれるわけではないとは思いますが。

先日もタイで観光船に乗りました。観光船どころか、地元では水上バスとして使われていますので、国の検査もしっかりしていて安全性は意外と高いのですが、それでも3年前に下記のような事故を起こしています。

【タイ】センセーブ運河のボート爆発事故から1カ月
2016年4月16日 09:00

ワット・テープリーラー船着場で、ボート後部にあるエンジン周辺からのガス漏れが原因で爆発が発生し、日本人を含む乗客68人が負傷した。死者は出ていない。

ガス・エンジンでの事故は今回が初めてで、この路線全体の事故も地元住民によれば「20年くらい前に1度事故があった記憶がある」というほど、ほかの交通機関よりは事故率は低い。

その後、LPG燃料は使わないよう行政指導されているとか書かれていました。

 よくよく考えてみれば、定年退職後の旅行、タイの運河クルーズのほか、オランダアムステルダム港湾内クルーズ、フランスパリのセーヌ川クルーズ、台湾高雄の河口クルーズ、カンボジア河川クルーズ、トルコボスポラス海峡クルーズ、エジプトナイル川クルーズ、外洋ではギリシャエーゲ海クルーズ、てな具合です。

 とくにボスポラス海峡、タイの河川でも、超大型船が航行しているので、その脇をクルーズ船のような小舟が通るのには、ひやひやすることもあります。航行ルールがあるのですが、橋桁の下を通るときには、通れる、通れないは、その場その時の船長の判断。お客さんは、もう命を預けています。

 これは何も船に限らず、高速バスだって、飛行機だっておんなじなんですけどね。

 私たちができる消極的な防衛策といえば、信用できる船会社を使う、小舟よりは大きな船に乗る、回り回って、信用できる旅行会社を使う、。。。あるいは旅行に出る前には神社仏閣でお祓いをして安全を祈願する、。。。 これくらいしかないですね。

 第2の人生、それでも、きっと船に乗って、あちこち観光することでしょう。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています