fc2ブログ

記事一覧

ジャワ島ジョクジャカルタからバリ島デンパサールへ







6/18(日)は3時からはじまったジョクジャカルタでの観光、遅い昼食後、バティック(ジャワ更紗)の店に立ち寄りました。伝統工芸のようです。この隣の店でコーヒーを買いました。そして一路空港へ。
B60-1バイク2017-06-24

インドネシアの道路は日本と同じ左側通行、車は右ハンドル。WEBではジャカルタの空港はオランダスキポール空港の設計者が設計したとありましたが、確かにいろんなインフラはオランダの影響が大です。

ところが、車はほとんど日本車、そして道路が左側通行は日本の設計思想をそのまま踏襲しているようです。独立時の日本びいきが影響したようです。

日本と違う点は、信号がほとんどないこと、そのため、大きな交差点は欧州とおなじようにロータリーがあり走りながら異なる方向に行くこと、街中はそのため一方通行がおおいこと、自分が行きたい場所は、大きく旋回していくことになります。

交互通行のY字路で右折するときなどは、信号がないため日本人が見ると大変です。車もバイクも交差点に溜まりますが、少し隙間があるとダダダーと車もバイクも曲がって行き、その間、前方の車は立ち止まっています。要は、ゴム縄跳びのお入りなさい状態です。

大きな街の信号がある交差点では、車が停止すると次々とその前にバイクが入ってきます。バイクは若者が、女の子も大勢乗っています。大手を振って走っています。時速5-60km/hで走りながら、右から車の前に出ます。車はミラーで絶えず右後方を見ています。

通りには、与太者が頼まれもしないのに交通整理をして、脇道から出てくる車を誘導し、次々と車の運転手がいくばくかの現金を窓から手渡していました。稀に警察官の交通整理もありましたが。道路は比較的整備されていました。

B60-2空港2017-06-24

そして、空港に着きました。ジョクジャカルタ時間で16:15出発、バリ島17:40着(バリ時間18:40)。

B60-3空路2017-06-24

B60-4火山2017-06-24

途中、富士山型の噴火口の山が見えました。

バリ

B60-5バリ2017-06-24

デンパサールの空港に到着すると、すっかり暗くなっていました。

ラマダン

いまはラマダンの最中、今年のラマダンは5/27-6/25だそうで。何も調べずに旅程を組んでしまったので、ラマダンに当たってしまった。何が不都合かというと、大半のインドネシア人はイスラムなので日の出から日の入りまで断食をしてる、他の宗教の人も気を使い昼飯のお弁当などは見えないところで食べるそうです。

ましてや、観光客が昼にご馳走を食べビールを飲むのも、本当は憚れるところ。なので、観光地に限られる。ホテル近くのコンビニでもビールを置いてある店とそうでない店があるとのこと。3軒のうち1軒は奥の方にビールがあるとガイドさんが言っていました。

空港に出迎えてくれたのはこれまた現地の日本語ができる案内人。さっそくワゴン車でレストランに。バリ料理を食べながらケチャダンスが見れました。

B60-6レス2017-06-24

B60-7おど2017-06-24

食事が終わり、ホテルへ。

B60-8帰路2017-06-24

朝3時から始まった長い一日がようやく終わりました。湯船に浸かり、12時頃寝ました。モーニングコールは7時に頼んで。
にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています