FC2ブログ

記事一覧

郵便料金の値上げと切手 あれお年玉付き年賀状の交換は7月22日まで

B626-2切手2019-07-09






 郵便料金値上げ 増税にあわせ10月から Yahooニュース FNN 7/8(月) 17:36配信
—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-
10月から

・通常はがきの郵便料金を62円から63円に、
・25グラムまでの手紙など定形郵便物を82円から84円に、

それぞれ値上げすると発表した
—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-—-

当然ですよね。消費税にあわせて料金改定。。いつものこと。

さて、我が家は物持ちがよく、古いハガキや切手の在庫も豊富です。

ハガキは50円時代のハガキと52円時代の往復葉書まであります。何かに応募しようとして買ったのかしら?いずれにしても、まとめ買いした残りです。

B626-1切手2019-07-09

切手は、ハガキ用がいまや62円ですが、50円時代と52円時代がおおくあります。
封書用は、80円と82円のストックが。

いっぱいある理由は、お年玉年賀ハガキをいつも余らせていたから。
最後に使わなかったハガキは、手数料を払って切手に交換してもらっていました。

そんなわけで、実は、郵便料金が変わるたびに、これらの切手のストックが使えるように、少額の切手も用意してあるんです。1円、2円、10円です。

B626-3切手2019-07-09

ところが、もっと重要なことが。

私はめったに手紙など書かないんです。
ですから、減らない。。。。。

年金生活者は、それでも切手を使うことがあります。
先日来た企業年金の年に1度の「現況届」。

生きているか、死んでいるかを、登録現住所に郵便で問い合わせるものです。受け取った人は、同封のハガキを返信することで、その後1年間、年金が支給され続ける、というもの。

ハガキ一枚。

このハガキには「切手が貼ってない!」。ケチですね。企業年金。
(厚生年金の場合は、「扶養親族等申告書」を毎年封書で出すのですが、郵送料は年金機構がもってくれたのかな?(忘れました))

この年に一度のイベントに、切手が活躍。。今年は62円。

来年は63円。ああ、いつまでたっても減りません。
切手のストック。


ところで、お年玉つき年賀はがきで思い出しました。
今年はまだ、交換に行っていません。7月22日まで。締め切り間近。。

ネットで当選番号を調べたら一枚だけ当たっていました、記念切手。(締め切り間近なので、記念切手の在庫がないと取り寄せになります。)

また、使い残しのハガキも10数枚。
また、切手が増えます。。さて、行ってくるか。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

記念切手処分

昨年、昔から収集していた記念切手を額面の90%で売却しました。

記念切手カタログでは、相当の価値ある切手でも一律額面の90%

遺産として残しても遺族が困るだけと思い、断腸の思いで処分

郵便局の定額預金にしておけば、相当増えていたのにと思い乍ら

Re: 記念切手処分

額面90%ですか。私もありますが。遺産? 小学生頃あつめたものしかないので、数千円分くらいしかありません。
昭和の趣味なんですね。
きっとこのまま未来に先送りです。粗大ゴミになるかもしれませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています