FC2ブログ

記事一覧

あっと驚く為五郎! わが町の地銀支店が無くなる。。







つい、1ヶ月前に記事を書いたばかりです。

619. 都会の銀行ATMの環境が変わる?? 田舎ではどうよ(2019.6.30)

末尾に「でも、そのうち、銀行の店舗もなくなっていくのでしょうか。寂しいことでもありますね。」と書きました。。。

ところが、本日ポストを見たら地元地銀支店からの封書が入っていました。

「ご挨拶」
なになに?

「このたび〇〇銀行〇〇支店は、個人のお客様向けの身近な銀行サービスと資産運用等の各種ご相談・お申込みを承る店舗である〇〇ステーションとして営業する運びとなりました」

なんじゃそれ?
と読み進めると、要は、現金を窓口で取り扱わない、ただのATMと事務所に変わる。。。らしい。

支店というからには、金庫もあるんだが、それを空にして他の支店に引き上げ、ただのATM設置してある出張所扱いとするのでしょう。人間は、「有人」相談窓口だけ残すようです。経費節減ですね。

私が住んでいる地域は、もともと人口1万人に満たない小さな町でした。それが平成の大合併で隣町と合併して市になりました。地銀はおそらく各市町村に1店舗は置いてあったと思います。

しかし市町村合併してしまっては、役場の財政に関係する出納業務も1箇所で良いわけで、小さかったわが町の支店はめぼしい産業もないし顧客も少ない、きっと以前から重荷になっていたのでしょう。

ついに、我が支店は、整理統合の対象になってしまったわけです。
顧客の視点からすれば、どういうことになるの?

(1)銀行振込の際の口座名、店番号などに変更はない
  …各種クレジットカードや口座引き落としなどの登録に変更なし

  たぶん、書類上の籍はそのままに物理的な銀行支店の位置が、他の支店の中に引っ越すようです。

(2)「現金のお取り扱い、通帳・印鑑でのお引き出し、両替」ができなくなる
 少し遠くの別の支店に行かなくてはならなくなる

(3)国債の購入や解約、定期預金の作成や解約は?

 「ご挨拶」には直接「国債の購入や解約、定期預金の作成や解約」については言及していませんでしたが、「資産運用等の各種ご相談・申込受付」に含まれるとすれば、現金は直接扱うわけではないけれど、「お預かりしたうえで、手続きさせていただくこともございます」と書いてあるから、きっと面倒なことになるのだろうな、と想像がつきます。

結局、「支店」は体良く「撤退」なのだろうと思います。

いままでは、距離にして3キロ、自動車で5分程度だったのが、7、8キロ、自動車で15分から20分ほど離れた別の支店にいかざるを得ないことになりました。

いずれ無くなるだろうなと予想していたこととはいえ、あまりにも早くそれがやってきました。
なにせ、田舎ですから。。。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

銀行のリストラは必然でしょうか?

こんにちは。

我が家も地銀がメイン銀行ですが、担当は以前は総合職の男性でしたが、1年ほど前からは元テラーだった女性です。(決して男女・職業差別するつもりではありませんから)
個人はネット取引がほとんどで、保険や投信が主業務になって、窓口での業務が激減した地銀は窓口の縮小、閉鎖が今後も進むんでしょうね。

我が町の銀行(家から3km、当市の基幹支店は10km位です)もいつまで窓口業務があるのやら。(振込はペイジー、ネット、おろすのはコンビニ。銀行へ行くのは小銭、新札の両替と記帳くらいですが。あとは、年に1回も行かない貸金庫でも遠くなると考えます)

Re: 銀行のリストラは必然でしょうか?

どこも状況は似たり寄ったりでびっくりです。

リストラはすでに終えている、と思います。なぜなら、店の中に見える窓口の銀行員は女性パート社員ばかりだからです。
むしろ、店舗の縮小、支店の整理統合で、経費が経費が削減できる、という段階なのでしょう。

現金を扱わない店は、現金を保管し在庫を確認する必要ないし、輸送コストも必要ない、それだけで大きな経費削減が見込めるのではないでしょうか。

いまあるATMだけの出張所は、日通などの外部委託で変わりありませんが、これらは銀行の垣根を超えて次第に各社共通になっていけば、さらに経費削減となるでしょう。

我が家も、ふだんはセブン銀行(地銀も提携)で2ヶ月に1度くらい現金を(無料で)下ろすだけ。年に一遍だけ地元地銀の支店に通帳貴重や国債、定期預金などのことで行くくらいです。

これまで、私は多額の送金など、例えば証券会社や他銀行の自分の口座への送金では、銀行窓口を利用してきました。ひとつはネット送金をいまいち信用できなくて上限額を低く抑えているため。逆にそれが足かせとなり、不便を感じることが多々あります。

ですが、もう年金生活の身、欲張って何かの投資のために資金を多量に動かすなんてことはもう無いでしょうから、これで良しとしています。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています