FC2ブログ

記事一覧

北陸旅行その3 東尋坊と安宅の関観光







 3日目(最終日)は朝6時起床、7時食事、9時半発。加賀温泉郷のホテル(小松空港に近い)を出て、まずは隣の県界の東尋坊に。

 その前に「九谷焼」の土産物屋。この日のスケジュール。東尋坊以外めぼしい観光地がありません。何て旅程なんだ! 10時頃着いたんです。
 九谷焼よってもねえ。。。

 さて、火曜サスペンスドラマなどでよく出て来る海岸の崖。一度行って見たかったんですが。
 11時頃着きました。天気は、なぜか雨交じり。。。今回の旅行では初めてかな。

B697-1福井2019-09-26
 
火山岩が海によって侵食しできた地形だそうで、マグマが固まったときにできる五、六角形の柱状節理が見えるんだそうです。

見晴らしが良いのかと思ったのですが、そうではなかった。崖の上から写真を撮ろうにも全体的にはよく見えません。

展望台があるんですが、誰も行かないのは、高さが足りないんだそうです。

B697-2福井2019-09-26

昔は視野を遮る土産物屋もなかったけれど、いまでは海岸近くまで土産物屋もできて、海以外見えない、崖が見えないのだそうで。有料なので誰も行かないとか。

ガイドさんは、はじめから船に乗るといいですよー、と説明していましたので、乗ることに。バスツアーできたけれど、これは希望者だけ。多数だったので団体券で乗船。

B697-3福井2019-09-26

岩の階段を下まで降りて乗船です。

B697-4福井2019-09-26

B697-5福井2019-09-26


船は東尋坊の割れ目から出発し、沖の雄島まで行き、引き返してこんどは東尋坊を通り越して、また帰って来るという20、30分くらいの遊覧です。

B697-6福井2019-09-26

こんな風に見ながら、結構楽しめました。

B697-7福井2019-09-26

B697-8福井2019-09-26

確かにこの岩のところは、上に立てば断崖絶壁かもしれません。

B697-9福井2019-09-26

でも、そこまで行くのは大変だあ。はじめは、柵があって、そこまでいけるものと思っていました。そうじゃないみたいですね。

ということで、観光を終えて、12時半頃には土産物屋であらかじめ予約しておいた昼ご飯をたべていました。

この観光を終えると、もう本日の訪問地は空港近くの「安宅の関」しか残っていません。
その前に、さんざん走って「羽二重餅の工場」に行くのが旅程表にありました。

すぐ近くには、永平寺があるというのに、また恐竜の博物館だってあるでしょうに。空港近くの「安宅の関」に寄っても、十分な時間があるというのに。。。

餅屋だけ来て帰るという、豪華な旅程です。いや、もう一軒、土産物屋よりました。

B697-10福井2019-09-26

さて、最後に、小松空港の裏手、海岸側に「安宅の関」がありました。

B697-11福井2019-09-26

これも、そのような場所があるのかと思っていたら、神社があるだけでした。「安宅住吉神社」。

B697-12福井2019-09-26

鎌倉時代、義経を捕まえるために特別に開設した関所が「安宅の関」だそうで、歌舞伎の「勧進帳」なんだそうですね。神社にはのちに作られ奉納されたその関連の絵などが飾られていました。

巫女さんが、わざわざ観光客を迎えに来てくれ、社殿の中では、勧進帳のくだりを延々と説明してくれました。

B697-13福井2019-09-26

周辺は立派な観光地になっています。

B697-14福井2019-09-26

やっぱ、すごい観光パワーです。チャンスを逃しません。人気のない北関東3県も負けてはおられませんね。
こうして、2泊3日の旅を無事終えて、小松空港をあとにして帰って来ました。

B697-15福井2019-09-26

今度行くとすれば、福井県は恐竜博物館、永平寺も見なくっちゃ。。。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています