FC2ブログ

記事一覧

エーゲ海クルーズ(6) 3日目後半 ロードス島旧市街騎士団長の館など







4.ロードス島(2)ロドスタウンの騎士団長の館や考古学博物館

今度は、港町ロドスタウンの旧市街、城壁に囲まれた町。
B741-1ロド2019-11-18

B741-2ロド2019-11-18

13世紀から16世紀に聖ヨハネ騎士団がイスラム軍にエルサレムから追われ、キプロス島、ロードス島に移住、作った城塞都市だったようです。

B741-3ロド2019-11-18

16世紀にはトルコ軍に攻め落とされ放棄、マルタ島に移り、マルタ騎士団になったとか。ふーん。以後、トルコであったが、20世紀にイタリアに占領され、第2時大戦後にはギリシャに編入された。

ので、いまでは、騎士団の建物が復活し、建物の入り口に当時の騎士団の軍団のマークがありました。

7つの軍団があったそうで。オーヴェルニュ、フランス、プロヴァンス(以上フランス語)、アラゴン(スペイン語)、イタリア(イタリア語)、ドイツ(ドイツ語)、イングランド(英語)軍団。

イングランド(英語)軍団の施設はいまでは英国の領事館になっている、との説明を受けました。

その7つの騎士団をまとめるのが騎士団長。りっぱな館が旧市街の一番高いところにありました。徒歩でこれらの建物を見学。騎士団長の館は現在はタイル博物館になっているそうです。

B741-4ロド2019-11-18

街の店には土産物屋(武具、甲冑屋)もありました。

B741-5ロド2019-11-18

ひととおり歩いたら、解散。船にあるって戻るもよし、店で食事をしてもよしと言われました。12時半頃です。天気も良いし、どうせだから添乗員さん、オススメのお店に入ることに。

B741-6ロド2019-11-18

ここは、ロドス島で日本人の奥さんがいるお店だそうです。ままソフィア。

ピザ、スパゲッティを頼み、アイスクリームがおまけについて来ました。

B741-8ロド2019-11-18

B741-7ロド2019-11-18

B741-9ロド2019-11-18

食事を終えて、少し道を下り、考古学博物館に入りました。
B741-11ロド2019-11-19

B741-10ロド2019-11-19

騎士団が15世紀に建てた病院がいまの博物館になっている。収納物はロドス島で見つかったもの。
蛇を手にもった頭のある像は医療(健康と衛生)をつかさどる女神ヒギエイア、2世紀のものだそうです。
B741-12ロド2019-11-19

石像は頭がないものが多い。建物になると、石材が再利用されて無くなってしまうことが多い中、小さな像の場合は、壊されたか、どこかに持ち去られたか、なんでしょうね。
B741-13ロド2019-11-19

ガラスの中の像は愛と美と性をつかさどる女神アプロディテ、なんだそうで。
B741-14ロド2019-11-19

陶器も前6世紀前後のもの。無造作に展示されていました。
B741-15ロド2019-11-19

こんなものを淡々とみてきました。城壁を出るとすぐ港。船まで徒歩で帰ります。

我が船は左のほう、右には10万トンクラスの大きな船が泊まっていっます。
B741-16ロド2019-11-19

大きな船はバルコニー付きの部屋が客室の半分ほど(数百室)、我が船はバルコニー付きは10室ほどしかありません。乗るなら大きい方がいいですね(後の祭り。。)

午後3時頃、部屋に戻ると、本日は象が作ってありました。
B741-17ロド2019-11-19

メイドさん、どんだけ暇なんですかーーー。

さて、本日のスケジュール、最終乗船は5時半、となっていましたので2時間早く帰って来たことに。部屋で休憩したあと、夕食はツアー全員で5時50分から。

そして、今晩は船長主催のカクテルパーティが8時15分からありました。
B741-18ロド2019-11-19

船長が、船のスタッフ幹部を紹介、その後、バイオリンやラテン音楽の踊りと歌のショーがありました。
B741-19ロド2019-11-19

とても上手で驚き、大いに楽しむことができました。

私の姉は昨晩から風邪をひき、食後薬をのんだら眠さに勝てずパーティーは欠席、部屋で一人寝ていました。こんなこともあるんですねえ。

こうして観光3日目の夜は更けて行きました。船は夕食時には出航し、明日のクレタ島に向かっていました。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

ロードス島は占領下の沖縄と同じ??

地図は自分で検索した方が好き勝手に拡大・縮尺できていいんです。
前日ブログで1日でまたギリシャへ戻るんだと思ったら・・・・
ロードス島はまるっきりトルコ沿岸なんですね。
占領下の沖縄や北方と同じ??
沖縄は占領されただけで言語・宗教は日本、北方4島(住民は)ロシア人。
ロードス島民は結局(日本の北・南)どっちなのかな??

Re: ロードス島は占領下の沖縄と同じ??


> ロードス島民は結局(日本の北・南)どっちなのかな??
深く考えるのはよしましょう。

ギリシャ本土も、ついこの間までトルコの一部だったんですし。何語を話していても。
いまのロードス島はギリシャ語の看板ばかりで島民はギリシャ語を話しているはずです。

モスクは昔建てられ残っていますが、いまの島民のほとんどはギリシャ正教(キリスト教)だそうで。
ましてや古代ギリシャ文明を作ったギリシャ人はどこかに行ってしまって、今ギリシャの土地に住んでいる人をギリシャ人と呼んでいるだけですから。ギリシャ文字は継承していますが。

中国もいっしょですよね。漢民族の時代なんてほんのわずかの期間、あとは漢字は継承していますが、他の民族が上にたって支配して来た、と言われています。
そこが面白くて、あちこち旅で見聞きしてみたいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています