fc2ブログ

記事一覧

マイナンバーの銀行口座紐付け 徐々に現実化







 マイナンバーに関して総務省が2021年にゆうちょ銀の紐付け検討に入るというニュースが流れました。

預貯金口座とマイナンバー連結義務化検討へ…総務相要請、今年中に具体策
読売新聞 2020/01/18 07:19


 これまでも、2018年1月1日から個人番号・法人番号を預貯金口座に紐付ける「預貯金口座付番制度」がはじまっています。
 ただし、同制度における「「個人番号」「法人番号」のお届出は当面「任意」」となっていました。

マイナンバー制度 預貯金口座付番制度開始のお知らせ 三菱UFJ銀行


 とはいうものの、「証券会社の特定口座」や、おなじ銀行口座であっても「国債などの特定口座」を所有している場合は、届け出ないと新年度からの特定口座の維持はできないよと脅され、やはり強制的に届出させられ、紐付けさせられました。

310. 銀行から「マイナンバーご提示のお願い」キター(2018.4.14)

そして、今回の「ゆうちょ銀行」。早ければ来年(2021年)から「強制」ですね。

残るは、一般の銀行口座のみとなります。

ですが、果たしてうまく行くでしょうか。政府の役人は紐づけを進めたいところですが、国会議員が反対するでしょうね。

さらに、2024年には日本銀行が新紙幣を発行。市中のタンス預金(旧紙幣の隠し財産)の発掘が行われます。40兆円とも80兆円とも。政府の役人のやろうとしていることが見えてきますね。

しかし、情報は漏れるもの。困るのは、一部のお金持ち、マフィア、そして政治家、だけではありません。庶民としても金融資産全体が他人(税務署はおろか、市役所などの役人)に把握されてしまうのは、困りもの。

税務署員も市役所の職員もそれを担当しているのは、どこどこの○○ちゃん、レベルとなり、いつしか情報漏洩。。。

いままで地元の大地主とか大株主、高額納税者なら公然の事実でしたが、金融資産紐付けが完成してしまうと、こんどはサラリーマンなどの「準富裕層」や老後資金を蓄えた適度の小金持ちの「退職者」などが、ガラス張りのすけすけ。

取りやすいところから取る、が役所。狙い撃ちしやすくなるのかもしれません。

ニュースの動向に注意を払っていこうと思います。

にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しています


セミリタイアランキング


シニアライフランキング


節約・貯蓄ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2023年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

ぺんしょなーまん

Author:ぺんしょなーまん
 さらりーまん定年退職後、再雇用5年続けるも目出度くそれも卒業、晴れて無職、完全年金生活者に。地方在住。現役中に妻を亡くし家計簿をつけ財政を完全掌握、年金だけで暮らせることを確信。うん、うちも一流の中流だな。老後は独居老人かと思いきや我が子が社会人になり再び同居。炊事洗濯家事親父の専業主夫業のわなにハマるが、そのかたわらネットでどんぶらこと世界に漕ぎ出し、また年数回の海外旅行で家から逃げ出す。(まるで主婦じゃないか?)
(注)プロフィール画像は私の顔ではありません。東京駅八重洲口地下の「八重洲」の語源ヤンヨーステン(オランダ人)の像を何年か前に撮影したものを使用。

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加しています